ニュース
» 2011年08月25日 18時23分 UPDATE

「一枚のテレビ」という新提案、シャープが“フリースタイルAQUOS”に新シリーズ (1/2)

シャープは、AQUOSの新製品「F5シリーズ」を9月から順次発売する。「かつて液晶テレビに期待した“夢の壁掛けテレビ”や“どこでもテレビ”を実現してくれる」という。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 シャープは8月25日、液晶テレビAQUOSの新製品「F5シリーズ」を発表した。6月に発売した“フリースタイルAQUOS”の第2弾。今回は20V型から60V型まで4つのサイズをそろえ、薄さと軽さを生かした“壁掛け”設置など、多彩な設置方法を提案する。

 「どのような空間にも置ける“一枚のテレビ”。かつて液晶テレビに期待した“夢の壁掛けテレビ”や“どこでもテレビ”を実現してくれる」(同社AVシステム事業本部長の中村恒夫氏)。

ts_free01.jpgts_free013.jpg “フリースタイルAQUOS”の第2弾「F5シリーズ」

型番 LC-60F5-B/S LC-40F5-B/W LC-32F5-B/W LC-20F5-B/W
カラー ブラック(B)、シルバー(S) ブラック(B)、ホワイト(W)
発売日 10月28日 9月15日 10月28日
実売想定価格 38万円前後 15万円前後 11万円前後 8万円前後

 薄型軽量のディスプレイ部と別体のチューナーを、IEEE 802.11n無線LANで接続するワイヤレステレビ。チューナー部は、6月発売のFE1シリーズと同デザインで、地上/BS/CS110度のデジタル3波チューナーを搭載している。背面のUSBポートに外付けHDDを接続すれば録画も可能。もちろん録画した番組もワイヤレス伝送で楽しめる。

ts_free02.jpgts_free03.jpg 別体のチューナーユニット。基本的にFE1シリーズと同じ仕様だが、無線ルータをブリッジとして使用することでディスプレイとの距離を延ばせるようになった

 メニューなどのGUIは、FE1シリーズから継承しており、卵形の「ぐるぐるリモコン」を使って選局やメニュー選択を直感的に行える。また、上位モデルの「AQUOS L5シリーズ」と同等のネットワーク機能も搭載。DLNAをベースに「AQUOS PHONE」や「AQUOSブルーレイ」と連携する「スマートファミリンク」や、各種動画配信サイトなどにアクセスできるテレビ用ポータル「AQUOS City」に対応している。

ts_free012.jpgts_free017.jpg 付属のリモコンはFE1シリーズと同じタイプ。カスタマイズできるメニュー画面「マイサークル」やリモコンの回転部を回して裏番組をチェックできる「ぐるぐる選局」といった機能を持つ(左)。L5シリーズと同等のネットワーク機能も備えた(右)

ワイヤレスでテレビのサイズアップ

 FE1シリーズとの大きな違いは、ディスプレイ部にバッテリーを搭載していないこと。今回は大画面モデルをラインアップしたこともあり、頻繁に移動するポータブルテレビというより、電源を確保できればどこにでも置ける設置の柔軟性を全面に押し出す。

 「今まではどうしてもアンテナ端子の近くにテレビをレイアウトせざるを得なかったが、ちょうどいい壁面が近くにあるとは限らない。F5シリーズなら、好みの場所に電源ケーブル一本で設置できる」(シャープ)。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう