ニュース
» 2011年08月31日 21時10分 UPDATE

3Dメガネの標準化を進める「フルHD 3Dグラス・イニシアチブ」にシャープや東芝など4社が賛同

パナソニック、サムスン、ソニー、XPANDが進めている「フルHD 3Dグラス・イニシアチブ」に、新たにフィリップス、シャープ、TCL、東芝が賛同を表明。認証製品に許可されるロゴマークも発表された。

[ITmedia]

 パナソニック、サムスン電子、ソニー、X6D Limited(XPAND)は8月31日、民生用アクティブシャッター方式の3Dメガネ(3Dアクティブメガネ)の標準化に関して4社が進めている「フルHD 3Dグラス・イニシアチブ」に、ロイヤルフィリップスエレクトロニクス、シャープ、TCL集団、東芝の4社が賛同したことを発表した。

Photo 「フルHD 3Dグラス・イニシアチブ」認証製品に許可されるロゴマーク

 パナソニック、サムスン電子、ソニー、XPANDの4社は8月9日に「フルHD 3Dグラス・イニシアチブ」として、Bluetoothベースの無線システムを利用した3Dアクティブメガネの開発およびライセンスで提携することを発表している。この中にはテレビ/PC/プロジェクター/劇場の3Dディスプレイと3Dアクティブメガネ間の通信プロトコルが含まれる。また、パナソニックとXPANDの共同開発による赤外線(IR)通信プロトコル、サムスンおよびソニーがそれぞれ開発したIR通信プロトコルなど、複数の通信プロトコルも標準化の対象となっている。

 「フルHD 3Dグラス・イニシアチブ」のライセンスプログラムは、9月下旬に開始される予定。2011年後半には、このライセンスを受けて製造された製品の認証も開始される。また、3Dアクティブシャッター方式の互換性を確認しやすくするために、認証を受けた製品に使用が許可されるイニシアチブのロゴも発表された。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう