ニュース
» 2011年09月02日 20時51分 UPDATE

2Dは4K×2K:東芝、55V型のグラスレス3Dテレビ「55ZL2」を発表

東芝は、55V型の“グラスレス3Dテレビ”「55ZL2」をドイツで発表した。9視差を持つ裸眼立体視が可能で、2D表示なら4K×2Kパネルをフルに利用できる。

[ITmedia]

 東芝は、独ベルリンで9月2日に開幕する「IFA 2011」に先立ち、55V型のグラスレス3Dテレビ「55ZL2」を発表した。12月から欧州地域で順次発売する予定で、販売価格は8000ユーロ前後と予想される。

ts_toifa01.jpg グラスレス3Dテレビ「55ZL2」。USB外付けHDD録画もサポート

 「55ZL2」は、フルHDの4倍にあたる3840×2160ピクセル(4K×2K)の高解像度パネルにレンチキュラーレンズを組み合わせ、9視差の裸眼立体視を可能にする。視聴者が複数の場合、その顔の位置を検出して位置に応じて3D映像を最適化する「フェイストラッキング機能」といった新機能も備えた。

ts_toshibaifa02.jpg 「4K2K超解像技術」(仮称)のイメージ

 2D映像なら4K×2Kパネルをフルに利用できる点も特長だ。現在のところ4K×2K解像度を持つ市販コンテンツは静止画のみとなるが、東芝は「CEVOエンジン」を用いてフルHD映像をアップコンバートすることを提案。このため55ZL2には、REGZAシリーズに採用されてきた再構成型超解像技術、自己合同性型超解像技術、3次元フレーム超解像技術、色超解像技術といった技術に「カラーテクスチャー復元」を加えた「4K2K超解像技術」(仮称)が導入される。これにより、4K×2Kの829万画素を生かした緻密(ちみつ)な映像を再現できるという。

 東芝によると、欧州以外の地域でも2011年度中に導入する計画だが、日本を含む個別の導入時期や価格については未定としている。

世界最軽量・最薄クラスのタブレット「AT200」

ts_toshibaifa03.jpg 「AT200」

 同時に発表されたのが、10.1型タブレットとして「世界最軽量・最薄クラス」(同社)をうたう「AT200」だ。

 薄さはわずか7.7ミリ、重量は558グラムで、OSには「Android 3.2」を採用した。本体には、micro-USBやmicro-HDMI、microSDカードスロットといったインタフェースを備え、大画面のテレビに接続してハイビジョン動画を映し出すことも可能。もちろんWi-FiやBluetoothも備えている。

 欧州での発売時期は10〜12月を予定しているが、価格は未定(地域ごとに異なる)。国内では2011年下期に発売を予定している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう