ニュース
» 2011年09月07日 20時35分 UPDATE

オンキヨー、DTS Neo:Xに対応したフラグシップAVアンプ「TX-NA5009」

オンキヨーは、最新の「DTS Neo:X」に対応したAVセンター2モデルを発売。4K(3840×2160ピクセル)信号へのビデオアップコンバージョン機能も装備。

[ITmedia]
ts_onkyo01.jpg 「TX-NA5009」

 オンキヨーは9月7日、dtsの「DTS Neo:X」に対応したAVアンプ「TX-NA1009」および新しいフラグシップモデル「TX-NA5009」を発表した。TX-NA1009は9月16日発売予定で、価格は24万1500円。TX-NA5009は9月25日発売で、36万7500円となっている。

 DTS Neo:Xは、一般的な5.1/7.1ch音声を9.1〜11.1chに拡張するマトリックス技術(→インタビュー記事)。今回の2モデルも、いずれも5.1chなどの音声信号からフロントハイ/ワイドを含むサラウンド信号を生成し、9.1chでの再生が可能になる。また映像処理回路には「HQV Vida VHD1900」を採用。4K(3840×2160ピクセル)信号へのビデオアップコンバージョン機能も備えている。

 ネットワーク機能も強化。ネットワーク内のHDDやPC内の音楽再生に加え、IPサイマルラジオサービス「radiko.jp」や、ストリーミングサービス「AUPEO!」にも対応した。また、iPhoneおよびiPod touchやAndorid搭載スマートフォンをリモコンとして利用するための専用アプリ「Onkyo Remote」も用意されている。別売の無線LANアダプター「UWF-1」を使用すれば、ネットワーク接続も容易だ。

ts_on5k01.jpgts_on5k02.jpg 「TX-NA5009」

 TX-NA5009はフラッグシップモデルらしく、磁束漏洩が少ないオーディオ専用の大容量トロイダルトランスを採用。また、プリアンプ部とパワーアンプ部を完全にブロック化した「ケース内コンポーネント構造」や制振性に優れたアルミ押し出し材による側板を採用するなど、より剛性を高めた筐体構造とした。

 パワーアンプは、各チャンネル280ワット(実用最大出力)。特許技術の「VLSC」や3段インバーテッドダーリントン回路、グランド電位安定化技術など、同社が培ってきた技術を投入している。

 HDMI入力は8系統で出力2。同時出力も可能だ。このほか入力端子として、D4×3、コンポーネント×3、S端子×4、コンポジット×4、D-sub 15ピンなどを備える。本体サイズは、435(幅)×198.5(高さ)×465.5(奥行き)ミリで、重量は25キログラム。

ts_on1k01.jpgts_on1k02.jpg 「TX-NA1009」

 一方のTX-NA1009は、「VLSC」や3段インバーテッドダーリントン回路、グランド電位安定化技術などを採用したミドルクラスモデル。パワーアンプは各チャンネル230ワット(実用最大出力)で、8つのHDMI入力などインタフェース類も充実している。外形寸法は435(幅)×198.5(高さ)×435.5(奥行き)ミリ。重量は18.5キログラム。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう