ニュース
» 2011年09月12日 19時48分 UPDATE

スマートフォンから操作できる3D対応BDプレーヤー、パイオニア「BDP-140」

パイオニアは、3D映像やSACDの再生に対応し、スマートフォンからも操作可能なBDプレーヤー「BDP-140」を発売する。

[ITmedia]

 パイオニアは、Blu-ray 3DやSACDなど幅広いディスク再生に対応したBlu-ray Discプレーヤー「BDP-140」を9月下旬に発売する。ネットワーク機能も充実した低価格モデル。価格はオープンプライスで、実売価格は2万円前後と予想される。

Photo 3D映像をはじめ幅広いソースの再生に対応した「BDP-140」。USB端子はフロントとリアに1系統ずつ用意している

 再生可能なディスクは、Blu-ray 3Dを含むBD-ROM、BD-R/RE(DLを含む)、各種DVD、SACD、CDなど。さらに、BDやDVD、USBメモリのJPEG/MP3/WMA/WMV/MKV/DivX Plus HDも再生可能と幅広いフォーマットに対応する。前回見ていた映画などの続きのシーンをボタン1つで再生する「つづき見再生」などの機能も備えた。

 ネットワーク機能が充実している点も特長だ。DLNA 1.5に準拠しており、PCなどに保存した動画や静止画を再生できるほか、YouTubeへの直接アクセスにも対応。パイオニアが提供するAndroidおよびiOS用のアプリ「iControlAV2」を使えば、スマートフォンから本機の基本的な操作が行える。オプションの無線LANコンバーター「AS-WL300」を使えば、ワイヤレス接続の可能だ。

 HDMI出力に加え、コンポジット映像出力、光デジタル音声出力、アナログ2ch音声出力などを備えた。なお、同社が10月に発売予定のAVアンプとHDMIケーブルで接続した場合、AVアンプに搭載される高画質再生機能「ストリームスムーサー」や高音質再生機能「サウンドレトリバー」が自動的に動作するという。

 外形寸法は、435(幅)×58(高さ)×249(奥行き)ミリ。重量は約2.1キログラム。

関連キーワード

3D | DLNA | スマートフォン対応 | 無線 | YouTube


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.