ニュース
» 2011年09月13日 19時57分 UPDATE

Bluetooth内蔵:“ワイヤレスリスニング”のウォークマン「S760シリーズ」

ソニーは、ウォークマン「Sシリーズ」の新機種「S760シリーズ」を10月上旬に発売する。全モデルBluetoothを内蔵。Bluetoothイヤフォンのセットモデルも用意した。

[ITmedia]

 ソニーは9月13日、Androidを搭載したMW-Z1000シリーズなど“ウォークマン”の新製品3シリーズを発表した。ベーシックモデルのSシリーズには、「S750シリーズ」の後継機として「S760シリーズ」が登場。女性を中心に人気が高い8色のカラーバリエーションはそのままに、全モデルにBluetooth機能を内蔵した。

ts_swm04.jpgts_swm06.jpg 「S760シリーズ」は8つのカラーバリエーションを持つ。本体は2インチのQVGA液晶を搭載。「歌詞ピタ」やカラオケモードも利用できる

 ラインアップは、ペアリング済みのBluetoothイヤフォンが付属するワイヤレスモデル「NW-S760BTシリーズ」、イヤフォンが有線になる代わりに専用スピーカーが付属した「NW-S760Kシリーズ」、有線イヤフォンのみのベーシックモデル「NW-S760シリーズ」の3種類。全モデルにBluetooth機能を搭載しているため、NW-S760BT以外のモデルでもオプションのBluetoothイヤフォン「MDR-NWBT10N」を購入すればワイヤレスで利用できる。

シリーズ名 NW-S760シリーズ NW-S760シリーズ NW-S760BTシリーズ
Blutooth内蔵
Bluetoothイヤフォン オプション 標準
内蔵メモリ 8Gバイト、16Gバイト、32Gバイト 8Gバイト、16Gバイト 8Gバイト
専用スピーカー オプション 標準 オプション
本体カラー ブラック、ホワイト、ブルー、ゴールド、ビビッドピンク、ライトピンク、グリーン、バイオレット(8色) ブラック、ホワイト、ブルー、ビビッドピンク(4色)
実売想定価格 8Gバイト:1万4000円前後、16Gバイト:1万7000円前後、32Gバイト:2万円前後 8Gバイト:1万7000円前後、16Gバイト:2万円前後 2万円前後
発売時期 10月8日

 ソニーは、ウォークマン新製品の中でも「S760シリーズ」を中心にBluetoothを活用する「ワイヤレスリスニング」を提案していく。そのため、プレーヤーの電源をオンにするだけでイヤフォンと自動接続すしたり、Bluetoothイヤフォンのバッテリーがなくなったときに付属のケーブルを使ってプレーヤー本体から充電できる“おすそわけ充電”など、使い勝手を向上させる機能を加えた。また、同時に発表した据え置き型のBluetooth対応スピーカー「RDP-NWV25B」には、ウォークマン側の操作で電源のオン/オフが可能な「Bluetoothスタンバイモード」を装備。さらに車載用スピーカーにもBluetooth搭載機もラインアップするなど、さまざまな場所で手軽にワイヤレス接続が行えることをアピールする。

ts_swm09.jpgts_swm01.jpg Bluetoothを使ったワイヤレス再生を提案。発表会に駆けつけた西野カナさんも「いろいろなシチュエーションで使えそう。ネイルしている時とか」とワイヤレスがお気に入りの様子

ts_swm07.jpgts_swm08.jpg 同時に発表されたBluetooth搭載のドックスピーカー「RDP-NWV25B」(1万8000円前後)および車載スピーカー「RDP-NWV600B」(2万5000円前後)。ウォークマン側の操作で電源のオン/オフが可能な「Bluetoothスタンバイモード」を備える

 なお、Sシリーズは周囲の騒音を約98%カットできるデジタルノイズキャンセリング機能を本体に内蔵しているが、利用できるのは「NW-S760/NW-S760K」に付属する有線イヤフォンを接続したときに限られる。その代わり、Bluetoothイヤフォンの「MDR-NWBT10N」にも騒音を約90%カットできるアナログノイズキャンセリング機能を搭載している。

 本体サイズは43.6(幅)×97.5(高さ)×7.9(厚さ)ミリ。重量は約57グラム。内蔵のリチウムイオンバッテリーは、音楽再生で約50時間、ビデオ再生で約10時間の連続再生が可能だ。

ソニーストアだけのデザインも

 NW-S760Kシリーズに同梱(どうこん)されるポータブルドックスピーカーは、本体に合わせたカラーリングが特長だ。ウォークマン本体からの給電とACアダプターの両方で駆動することが可能で、最大出力は本体給電時が100ミリワット+100ミリワット、AC電源接続時は1ワット+1ワットとなる。なお、同じ仕様のスピーカーを「RDP-NWT17」という型番でオプション販売(4000円前後)も行うが、こちらはカラーリングがブラックとホワイトのみになっている。

 このほか、ソニーストア限定モデルとして、本体カラーに“アンティークローズゴールド”を採用した「NW-S764」を販売する。内蔵メモリは8Gバイトのみで、左下部にはラインストーンを配置。色違いのスワロフスキーがストーンの高級感を演出するという。またオリジナル色のポータブルドックスピーカーが付属する「NW-S764K」も用意した。価格はオープン。実売価格では、通常モデルよりそれぞれ2000円程度高くなる見込みだ。

ts_swm022.jpgts_swm024.jpg NW-S760Kシリーズに付属するポータブルドックスピーカー(左)。オプションのRDO-NWT17(右)はブラックとホワイトのみ

 オプションも豊富に用意されている。クリアケースやシリコンケース、液晶画面保護シート、プライバシーフィルターなどが同時に発売されるほか、ソニーストア限定で、ディズニーの人気キャラクターをペアで刻印するサービスも実施する予定だ。デザインは、「チップ&ディール」「ドナルド&デイジー」「ミッキー&ミニー」など6種類。それぞれキャラクターの壁紙もプリインストールされるという。なお、このうち1種のデザイン(ミッキー&ミニーの別バージョン)は、ソニーストアのリアル店舗(銀座・名古屋)のみで取り扱う。

ts_swm02.jpgts_swm023.jpg ソニーストア限定モデルの「NW-S764」(右)。ディズニーの人気キャラクターをペアで刻印(右)

iconicon

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう