ニュース
» 2011年09月13日 21時14分 UPDATE

LGエレ、偏光方式の3Dテレビにハイグレードモデル「LW6500」シリーズ

LGエレクトロニクスは、FPR方式を採用した3D対応のLED液晶テレビ「LW6500」シリーズ 3モデルを発売する。3Dメガネが6つ入った「ファミリーパック」も用意。

[ITmedia]

 LGエレクトロニクスは9月13日、FPR方式を採用した3D対応の液晶テレビ「LW6500」シリーズ3機種を発表した。10月上旬に発売予定で、価格はオープン。予想実売価格は、55V型の「55LW6500」が30万円前後、47V型の「47LW6500」が24万円前後、42V型「42LW6500」が18万円前後となっている。

Photo FPR方式を採用した3D対応のLED液晶テレビ「LW6500」シリーズ

 従来機「LW5700シリーズ」と同じ「Film Patterned Retarder」(フィルム偏光)方方式を採用。1ラインごとに右目用と左目用の画像を表示し、メガネの偏光フィルムが右目用・左目用それぞれの光だけを通すことで視差を生む。左右の映像情報がズレにくい円偏向方式の専用メガネや新しいIPSパネルなどによって3D表示でも広い視野角を確保しており、リラックスした姿勢で3Dコンテンツを楽しめるという。動きの早い映像をクリアに再現する倍速技術「TruMotion240」も搭載している。

 今回、専用3Dメガネに単品購入できるファミリーパックも新たに追加された。このパックは、約16.5グラムのフレームレスタイプ×1、眼鏡に取り付けられる約7.5グラムのクリップオンタイプ×2、女性に適した約8グラムのクリアフレームタイプ×1、子どもに適した約9.5グラムのキッズタイプ×2と、計6本の専用3D眼鏡をセットにしたもの。こちらの予想実売価格は1万円前後となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう