ニュース
» 2011年09月14日 20時31分 UPDATE

スマートフォンと連携できるSDナビ、パナソニックから

パナソニックは、専用アプリでスマートフォンと連携するSDカーナビ、ストラーダSシリーズ「CN-S300D」を発売する。

[ITmedia]

 パナソニックは9月14日、SDカーナビステーション「ストラーダ」の新製品Sシリーズ「CN-S300D」を発表した。「クリアパネル」採用で視認性が向上した7V型ワイドVGA液晶、ワンセグ/フルセグの地デジチューナー、DVDプレーヤーなどを内蔵した2DINタイプ。価格はオープンプライスで、10月20日に発売する。

Photo ストラーダSシリーズ「CN-S300D」

 専用のAndroidアプリ「おでかけナビサポート ここいこ♪」が製品発売に合わせて配信スタート。ぐるなび、るるぶDATA、Yahoo! JAPANの地点情報の検索を行え、文字入力と音声認識による検索に対応する。グルメ情報、観光スポット、周辺施設などをAndroid端末でリアルタイムに検索し、地点情報をBluetooth経由でナビに送信してルート案内ができる。

 ナビゲーション機能に関しては、全国1002エリアの詳細地図を含むVGA専用地図、渋滞データバンク情報や抜け道マップなどを収録した16GバイトのSDHCカードをプリインストールする。5ルート同時探索では「有料優先」や「一般優先」のほか、渋滞などによるストップ&ゴー低減、有料道路の料金を考慮したルートを推奨する「eco」も選択可能となっている。

 AV機能としては、CDダイレクト録音機能を搭載し、付属する4GバイトのSDHCカードにSD-Audio(AAC128kbps)で録音することができる。録音したSDカードはSD-Audio対応機器での再生も可能だ。また、同社が配信する(要ユーザー登録)パソコン音楽録音ソフト「SD-Jukebox V7.0 for Strada LE」を使えば、PC上で録音した曲をSDカードに書き込み、それをCN-S300Dで再生可能だ。

 さらに、USBメモリのMP3/WMA再生や、iPod/iPhoneとの接続もサポート。付属のiPod中継ケーブルで接続すると、カーナビ本体でiPodを操作でき、充電も行える。このほか、地デジチューナー、FM/AMチューナー、DVDプレーヤーも内蔵し、DVDビデオ、DVD-R/RW、CD、CD-R/RW、MP3(CD)、WMA(CD)、VRフォーマットのDVD-R/RWと、幅広いメディアに対応する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう