ニュース
» 2011年09月21日 22時30分 UPDATE

パナソニック、無線LAN対応のネットワークカメラ「DY-NC10」

パナソニックが、無線LANに対応するネットワークカメラ「DY-NC10」を発売する。設定はPCのほかポータブル機器やスマートフォンからも行える。

[エースラッシュ,ITmedia]

 パナソニックは9月21日、無線LANに対応し、撮影した映像をネットワーク経由でテレビやPCから確認できるネットワークカメラ「DY-NC10」を発表した。10月20日に発売する。価格はオープンプライス。

Photo 無線LANに対応するネットワークカメラ「DY-NC10」

 DY-NC10は有線のほか無線LANにも対応するため、ケーブルの設置が難しい場所にも置くことができるのが特徴。撮影された映像は、VIERAやDIGAといったパナソニック製ネットワーク対応機器や、PCなど家庭内LAN内の機器、さらには外出先でスマートフォンやPCからも確認することができる。また、動体検知機能を搭載しており、動くものを検知した場合にその画像をメールに添付して送信したり、DIGAで録画したりできる。

 PCからさまざまな設定を行えるほか、カメラモニタリング用の「PCI_Viewer」とカメラ設定用の「簡単カメラ設定」の2つのアプリも用意されており、同社製ポータブル製品(デジタルメディアプレーヤー「SV-MV100」/ビエラ・ワンセグ「SV-ME970」/電子書籍端末「UT-PB1」、10月以降のファームウェアアップデートで対応)から設定を行なうことも可能。また「PCI_Viewer」はスマートフォンでも使用可能で、iPhone用はApp Storeより配布中、Android用は10月下旬にAndroidマーケットで配布予定となっている。

 このほか、カメラの向きを左右上下に移動できるパン・チルト機能を搭載し、左右方向に355度、上下方向に120度の範囲を表示可能。カメラの撮像素子は1/4インチのカラーCMOS(130万画素)、画像解像度はMJPEG(SXGA、VGA、QVGA)。無線LANはIEEE802.11b/g/n、有線LANは10BASE-T/100BASE-TXに対応する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.