ニュース
» 2011年09月26日 20時02分 UPDATE

テープからの買い替えに:ソニー、テープレコーダーのようなメモリーカードレコーダー「ICD-LX30」を発売

ソニーは、大画面と大きな操作ボタンを搭載したメモリーカードレコーダー「ICD-LX30」を発売すると発表。録音と再生、データの検索が簡単におこなえる。

[ITmedia]

 ソニーは9月26日、テープレコーダーのような感覚で使えるメモリーカードレコーダー「ICD-LX30」を10月21日に発売すると発表した。実売予想価格は8000円前後。

Photo メモリーカードレコーダー「ICD-LX30」

 ICD-LX30は2.0型の大画面液晶と独立した大きなボタンによって、見やすさとテープレコーダーのような使いやすさを目指したメモリーカードレコーダー。メモリを内蔵しない代わり、2GバイトのSDメモリーカードが付属しており、「SDカードを入れ替えて使用し、そのまま保存しておくこともできる。テープレコーダーのような使い勝手を実現した」(ソニー)。付属のSDメモリーカードには最長22時間20分の録音が行える。

ts_ic05.jpgts_ic06.jpg 卓上スタイルの本体。操作しやすい傾斜を持たせたデザインだ

ts_ic02.jpgts_ic03.jpgts_ic04.jpg 録音中は液晶画面にテープが回るようなアニメーションが表示される(右)

 実用最大出力330ミリワットのスピーカーを搭載しており、大きな音での再生も可能。録音済みのファイルは、日付検索機能で簡単に探すことができる。電源は単四形乾電池×2本だが、別売の充電池やACアダプターにより家庭用電源での使用も可能だ。

 サイズは116.0(幅)×28.5(高さ)×78.0(奥行き)ミリで、重量は約145グラム。SDメモリーカードを収納できる内ポケット付きの「キャリングポーチ」が付属する。

 なお、同製品は9月27日より銀座・ソニーショールーム、ソニーストア名古屋、ソニーストア大阪での先行展示会も予定されている。

関連キーワード

ソニー | SDカード | 録音


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう