ニュース
» 2011年09月27日 21時40分 UPDATE

日立アプライアンス、830ルーメンの明るさと白熱電球のような光の広がりを両立したLED電球

日立アプライアンスは、全光束で830ルーメンの明るさと白熱電球のような広い配光角を両立したLED電球「一般電球形(E26口金)広配光タイプ(全般配光形)」2機種を発売する。

[ITmedia]

 日立アプライアンスは9月27日、830ルーメンの明るさと白熱電球のような光の広がりを両立したLED電球「一般電球形(E26口金)広配光タイプ(全般配光形)」2機種を発表した。10月8日より発売する予定で、価格はオープン。実売予想価格は4000円前後になる見込みだ。

Photo 「一般電球形(E26口金)広配光タイプ」

 ラインアップは、昼光色相当「LDA11D-G」および電球色相当「LDA11L-G」の2機種。いずれもLEDモジュールの熱が効果的に逃がせる「スリット構造ボディ」や、光の拡散と同時にムラを抑える「光拡散カバー」などを採用し、白熱電球60ワット形相当となる全光束830ルーメンという明るさと、白熱電球のような光の広がりを実現した。また、白熱電球60ワット形に比べて消費電力は約5分の1、定格寿命は4万時間となっており、約40倍の長寿命で交換の手間が軽減できるのも特長となっている。

 また、下方向を明るく照らすLED電球「一般電球形(E26口金)下方向タイプ(準全般配光形)」2機種も10月26日より発売される。ラインアップは昼光色相当「LDA7D-H」および電球色相当「LDA7L-H」の2製品で、こちらの実売予想価格は2000円前後となっている。

関連キーワード

日立アプライアンス | LED電球 | 長寿命


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう