ニュース
» 2011年11月08日 20時33分 UPDATE

赤外線が届かない場所でもOK、エバーグリーンが1299円の赤外線リモコンベンダーを発売

キャビネット内など、リモコンの赤外線が届かない位置にあるAV機器に便利。エバーグリーンが低価格の赤外線リモコンベンダーを発売する。

[ITmedia]

 エバーグリーンはキャビネット内などリモコンの赤外線が届きにくい位置にあるAV機器を操作しやすくする、赤外線リモコンベンダー「DN-IRB530」を発売した。同社の「上海問屋」限定販売で、価格は1299円。

Photo 赤外線リモコンベンダー「DN-IRB530」利用イメージ

 リモコンベンダー本体に付属のレシーバー(赤外線受光器)とセンダー(送信機)を接続。レシーバーをリモコンからの赤外線が受けられる場所に設置し、操作したい機器の赤外線受光部近くにセンダーを設置すれば準備完了だ。レシーバーに向けてリモコンを操作すると、レシーバーが受けた信号を中継してAV機器が動作する仕組みになっている。

PhotoPhotoPhoto リモコンベンダー本体(左)、レシーバー(中)、センダー(右)。センダーは2メートルある1本のケーブルに3つ取り付けられており、それぞれベンダーから100センチ、150センチ、200センチの位置に配置されている

 なお、ベンダーの電源はUSB給電となっているため、家庭用電源で利用するためには別途変換アダプターを購入する必要がある。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.