ニュース
» 2011年11月24日 21時41分 UPDATE

ティアック、AirPlay対応ネットワークCDレシーバー「CR-H700」を発売

ティアックは、メディアプレーヤーやインターネットラジオ機能を搭載したAirPlay対応ネットワークCDレシーバー「CR-H700」と、2Wayスピーカーシステム「LS-H265」の新色“ウォルナット”を発売する。

[ITmedia]

 ティアックは、AirPlay対応ネットワークCDレシーバー「CR-H700」を発表した。ブラックとシルバーの2色を12月上旬に発売する。価格はオープンプライスで、実売予想価格は5万円前後の見込み。

 また、あわせて2Wayスピーカーシステム「LS-H265」の新色を12月上旬より発売する。希望小売価格は3万1500円だ。

PhotoPhoto AirPlay対応ネットワークCDレシーバー「CR-H700」。カラーはブラックとシルバーの2種類

 CR-H700は、メディアプレーヤーやインターネットラジオ機能を搭載したAirPlay対応のネットワークCDレシーバー。離れた部屋にあるPCやNAS内の音楽ファイルをLAN経由で聴くことができる。本体に無線LAN機能を内蔵したほか、有線LANポートも備えた。

 CDプレーヤーについては通常のオーディオCDだけでなく、CD-R/RWに書き込まれたMP3ファイルを再生可能。USBメモリに保存されたMP3/WMA/WAV/AAC/FLACファイルの再生にも対応する。そのほか、iPhone/iPad/iPod touchをフロントのUSB端子に直接接続し、充電しながらの音楽再生も可能となっている。

 アンプ部はパーツにこだわったディスクリート構造で、消費電力は最大120ワット。DACには、24bit/192kHz対応のバーブラウン製「PCM1791」を採用している。

 本体サイズは290(幅)×113(高さ)×340(奥行き)ミリ、重量は5.8キロ。

Photo ブックシェルフ型の2ウェイ・スピーカーシステム「LS-H265」

 2WayスピーカーシステムのLS-H265には、新カラーとしてウォルナットが追加された。スペックは従来モデルと同様で、20ミリチタンドームツイーター、大型センターキャップ付き133ミリペーパーコーンウーファーを搭載。これにより、インテリアに応じてブラックとウォルナットの2種類から選べるようになった。

 サイズは174(幅)×268(高さ)×246(奥行き)ミリ、重量は3.75キロ/台。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.