ニュース
» 2011年12月01日 20時51分 UPDATE

単なるリモコンではありません:ヤマハ、端末内の楽曲ファイルも再生できる「AV CONTROLLER ver.2.00」を提供開始

ヤマハは、同社製AVレシーバーをコントロールできるアプリ「AV CONTROLLER」を「ver.2.00」にアップデート。Android版、iOS版が公開された。

[ITmedia]

 ヤマハは、「AV CONTROLLER」の新版「ver.2.00」の提供を開始した。Android版は11月24日から、またiOS版も11月30日から無償ダウンロードが可能になっている。

ts_avcon01.jpg iPod内の楽曲を無線LAN経由で再生できるようになった

 AV CONTROLLERは、iPhoneやiPadから同社製AVレシーバーを無線LAN経由でコントロールできるアプリ。電源のオン/オフやボリューム調整といった基本操作に加え、再生している曲のアルバムアートやAM/FMチューナーの情報なども手元の画面で確認できるのが特長だ。

 今回のバージョンアップでは、チューナーの周波数誤表示問題の修正などに加え、新たにiPhoneなど端末内に保存されている音楽ファイルを無線LAN経由で再生する機能を追加(DSP-AX3900、DSP-Z7は非対応)。入力機器として端末(iPhoneなど)を選択すれば、アルバムカバーアートや曲のタイトルを画面で確認しながら音楽ファイルを再生できるという。

 新機能に対応するAVレシーバーは、新製品の“AVENTAGE”「RX-A3010」「RX-A2010」「RX-A1010」のほか、7月に発売された「RX-V771」、2010年モデルの「RX-V3067」「RX-V2067」「RX-V1067」となっている。

 端末側の対応機種は、iOS4.2以降がインストールされたiPod touch(第3世代以降)、iPhone(3G以降)/iPad。Android版は、Android 2.1以降となっている。

関連キーワード

ヤマハ | iPhone | AVアンプ | AVENTAGE | Androidアプリ | iPad | 無線LAN | iPod


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう