ニュース
» 2011年12月02日 16時11分 UPDATE

BenQ、iPodドック搭載のミニプロジェクター「Joybee GP2」

BenQは、iPhone/iPodドックを標準搭載したミニプロジェクター「Joybee GP2」を12月中旬に発売する。iPhone/iPodをセットすれば、最大160インチの大画面でお気に入りの写真や動画を再生できる。

[ITmedia]

 BenQは12月2日、iPhone/iPodドックを標準搭載したミニプロジェクター「Joybee GP2」を発表した。12月16日に発売予定で、価格はオープン。店頭では6万2800円前後になる見込みだ。

ts_benq01.jpg LEDミニプロジェクター「Joybee GP2」

 1280×800ピクセルのDMDを搭載するDLP方式のミニプロジェクター。CDケースほどのコンパクトサイズで、約565グラムと小型軽量のため、かばんに入れて持ち運ぶことができる。また、本体と重ねて接続できるポータブルバッテリー「GPB-01」をオプション設定(9800円)。フル充電なら100ルーメンの明るさで約3時間の連続駆動が可能になる。

 天面のドックにiPhone/iPodをセットすれば、iPodを充電しながら最大160インチの大画面でお気に入りの写真や動画の再生が可能。本体に2ワット+2ワット出力のステレオスピーカーを内蔵しているため、単体で音声も再生できる。光源はLEDで、光源寿命は最大3万時間(エコモード時)。単焦点レンズを採用しているため、1メートルの距離があれば40インチの投映が可能だ。

ts_benq02.jpg シンプルなユーザーインタフェース

 2Gバイトの内蔵メモリにくわえ、入力インタフェースとしてMini HDMI端子やコンポジット、D-sub 15ピン、SDカードスロット、ミニBタイプのUSB端子などを装備。各種の動画ファイルや音楽、写真、MS Office(PowerPoint/Excel/Word)書類、PDFといったファイルをプロジェクター単体で再生できるほか、PCとUSB接続して表示装置として利用する「USBディスプレイ機能」も備えており、プレゼンなどの用途にも適している。

 対応機種は、iPod touch(3rd、4th generation)、iPod nano(5th、6th generation)、iPod classic、iPhone3GS、iPhone4。アップル社認証の「Made for iPhone」「Made for iPod」を取得している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.