ニュース
» 2011年12月15日 23時26分 UPDATE

CDとマガジンで伝説のジャズアーティストを紹介、隔週刊「ブルーノート・ベスト・ジャズコレクション」

デアゴスティーニ・ジャパンは、CDとマガジンで伝説のジャズアーティストたちを紹介する隔週刊「ブルーノート・ベスト・ジャズコレクション」を発売する。

[ITmedia]

 デアゴスティーニ・ジャパンは、伝説のジャズアーティストたちを毎号1人ずつ取り上げる隔週刊「ブルーノート・ベスト・ジャズコレクション」を、2012年1月10日より発売する。創刊号は特別定価として490円、2号以降の通常定価は1190円だ。

Photo 隔週刊「ブルーノート・ベスト・ジャズコレクション」創刊号の表紙

 ブルーノート・ベスト・ジャズコレクションは、ジャズレーベルの最高峰「ブルーノート」に名前が刻まれたアーティストたちについて、毎号1人ずつCDとマガジンで紹介する隔週刊シリーズ。マイルス・デイヴィス、ハービー・ハンコック、ソニー・ロリンズ、アート・ブレイキーなど、ジャズ界を代表するアーティストが続々登場予定で、本邦初公開の貴重な写真も掲載されるという。

 CDには、ブルーノートからリリースされた名盤の中でも選りすぐりの名演を収録。マガジンに関しては、ジャズメンとブルーノートとの関わりや音楽人生を紹介する「ブルーノート・ジャズメン」、付録CDに収録された曲を詳しく解説する「ブルーノート・セレクション」、ブルーノートの歴史を紹介する「ブルーノート&ジャズ・ヒストリー」、音楽プロデューサーの行方均氏がテーマごとにベスト5の曲を紹介する「ブルーノートベスト5」、各界のブルーノート好きがとっておきの1枚を紹介する「私の薦める1枚」という5つの章で構成される。

Photo 「ブルーノート・セレクション」

 創刊号では、モダン・ジャズの世紀に君臨した帝王、天才トランペッターのマイルス・デイヴィスを紹介。CDには「枯葉」「ディア・オールド・ストックホルム」「イエスタデイズ」「テンパス・フュージット」「イット・ネヴァー・エンタード・マイ・マインド」「ハウ・ディープ・イズ・ジ・オーシャン」の6曲が収録されている。なお、第2号は「ハービー・ハンコック」、第3号は「ソニー・ロリンズ」の予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう