ニュース
» 2011年12月20日 13時14分 UPDATE

HDコンテンツの保護技術で大手5社が協力、来年導入へ

パナソニック、サムスン電子、サンディスク、ソニー、東芝の5社は12月20日、「次世代セキュアメモリーイニシアティブ」を設立すると発表した。

[ITmedia]

 パナソニック、サムスン電子、サンディスク、ソニー、東芝の5社は12月20日、「次世代セキュアメモリーイニシアティブ」(仮称)を設立すると発表した。SDカードなど多様なストレージデバイスに新しいコンテンツ保護技術を導入し、ネット配信などHDコンテンツの応用展開を可能にするという。

 新しいコンテンツ保護技術は、フラッシュメモリーのユニークなID技術(個体識別)と公開鍵基盤に基づく強靭なコピー防止システムを含む「高次元のコンテンツセキュリティー」。これを導入すると、HDコンテンツのネットワークダウンロードや持ち出し、Blu-ray Discからのデジタルコピー/マネージドコピーのような応用展開が可能になるという。ユーザーは、テレビやレコーダーのみならず、Androidベースのスマートフォンやタブレットなど、幅広い機器でHDコンテンツを楽しめるようになる。

 5社は新しいコンテンツ保護技術の普及を目指し、原則協力していくことで合意。2012年の早い時期に新技術のライセンスを開始し、同年中に対応するフラッシュメモリー製品が市場導入されることを期待しているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう