ニュース
» 2012年01月06日 13時38分 UPDATE

2012 International CES:東芝、有機EL搭載タブレットや防水タブレットをCESで参考展示

東芝が「2012 International CES」の展示概要を明らかにした。有機ELパネル搭載のタブレットや防水タブレット、放送とVoDのコンテンツを横断的に検索できる液晶テレビなどが参考展示される。

[ITmedia]

 東芝は1月6日、米ラスベガスで10日に開幕する「2012 International CES」の展示概要を明らかにした。2012年の北米市場向け新製品ラインアップに加え、有機ELパネル搭載のタブレットや防水タブレットなどもを参考展示する予定だ。

ts_regtab01.jpg 写真は日本向けの「REGZA Tablet AT700(AT700/35D)」

 主な展示内容は、「スマートホーム」「タブレット・PC」「液晶テレビ」の3ジャンル。このうちスマートホーム分野では、家庭内のゲートウェイになる「ライフデザインボックス」を参考展示するほか、スマートメーターや太陽光発電、EV(電気自動車)などとデジタル家電をHEMS(home energy management system:省エネ管理)で連携するスマートホームの提案を行う。

 タブレット・PCの分野では、10.1型ワイドで世界最薄・最軽量のタブレット、13.3型ワイドで世界最薄・最軽量のウルトラブックを含む2012年PCの米国市場向け新ラインアップを出展。さらに薄型高輝度有機ELパネル搭載タブレット、ワイヤレス給電が可能な防水タブレットなどを参考展示するという。

 液晶テレビも2012年の米国向け新ラインアップを展示。放送とVoDのコンテンツを横断的に検索できる新機能を搭載し、タブレットのApps(アプリ)連携も可能な製品が含まれるという。さらに国内や欧州では発表済みのQFHDパネル搭載55V型グラスレス3Dテレビも参考展示する予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう