ニュース
» 2012年01月10日 23時44分 UPDATE

日立アプライアンス、E17口金の広配光タイプなどLED電球の新製品

日立アプライアンスは、LED電球の新製品として、「小形電球形(E17口金)広配光タイプ(全般配光形)」2機種と、「ハロゲン電球形(E11口金)高光度タイプ(ビームの開き:中角)」1機種を発売する。

[ITmedia]

 日立アプライアンスは、LED電球の新製品として、「小形電球形(E17口金)広配光タイプ(全般配光形)」2機種および、「ハロゲン電球形(E11口金)高光度タイプ(ビームの開き:中角)」1機種を1月16日より発売する。

Photo LED電球「小形電球形(E17口金)広配光タイプ」

 小形電球形(E17口金)広配光タイプ(全般配光形)は、昼光色相当の「LDA7D-G-E17/S」と電球色相当の「LDA7L-G-E17/S」の2機種。いずれもLEDモジュールの発熱を効果的に逃がす「スリット構造ボディ」と高効率LEDモジュールを採用しており、昼光色相当で小形電球50ワット形相当となる620ルーメンの明るさ、電球色相当で小形電球40ワット形相当の510ルーメンを実現した。また、光を拡散させるカバーの採用で、広範囲を明るく照らし出せるという。

 器具内の温度や周囲温度が高くなると、電力を自動的に抑制する保護回路を搭載。断熱材施工器具や密閉形器具にも対応する。なお、消費電力は40ワット形の小形電球(ミニクリプトン電球)と比べて約5分の1、定格寿命は約20倍となる4万時間という。価格はいずれもオープンプライスで、予想実売価格は4000円前後だ。

 また、最大光度を2350カンデラに向上させたハロゲン電球代替用のLED電球「ハロゲン電球形(E11口金)高光度タイプ(ビームの開き:中角)」も発売予定。こちらも価格はオープンで、予想実売価格は5000円前後となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう