ニュース
» 2012年01月11日 17時24分 UPDATE

タイムドメイン理論:富士通テン、タマゴ形スピーカー「ECLIPSE TDシリーズ」をモデルチェンジ

富士通テンは、ホームオーディオ用スピーカー「ECLIPSE TDシリーズ」のスタンダードモデルとして、「TD510zMK2」「TD510MK2」「TD508MK3」の3製品を2月上旬に発売する。

[ITmedia]

 富士通テンは1月11日、ホームオーディオ用スピーカー「ECLIPSE TDシリーズ」のスタンダードモデルをモデルチェンジすると発表した。音を伝える空気の動きを正確に再現することを目指した“タイムドメイン理論”に基づくスピーカーの新製品。「TD510zMK2」「TD510MK2」「TD508MK3」の3製品を2月上旬に発売する。

ts_ten01.jpgts_ten02.jpg 左から「TD508MK3」「TD510MK2」「TD510zMK2」(左)。「TD510MK2」の天吊り設置イメージ(右)

型番 概要 価格
TD510zMK2 10センチ径スピーカー(スタンド付きモデル) 19万9500円(1本)
TD510MK2 10センチ径スピーカー 9万9750円(1本)
TD508MK3 8センチ径スピーカー 4万9350円(1本)
508DMK3 TD508 MK3用のスピーカースタンド 2万6250円(1本)

 2005年に登場した「TD510」「TD508II」の後継機。音質面のさらなる進化を目指し、フルレンジスピーカーユニットを新開発したほか、特徴的なキャビネットも容量をアップしている。

ts_ten03.jpg 内部イメージ

 新ユニットの振動板には、フラッグシップモデル「TD712zMK2」で採用されたグラスファイバーを使用。軽量ながら高い剛性と適度な内部損失を保持したほか、エッジにはブチル系ラバーを使用して振幅量を確保しながら固有音を抑えている。またTDシリーズでは初めて磁気回路にショートリングを採用。駆動時の磁気ひずみを抑えてピュアな音を再現するという。マグネットやコイルも最適化を行い、従来モデルより磁束密度が向上している。

 「エッグシェル・コンストラスクション」と呼ばれる卵形キャビネットは、内部容積を増やすことで音域を拡大。TD510z MK2/510MK2は、TD510に比べて約14%、TD508MK3はTD508II比で約37%のアップとなっている。再生周波数帯域は、TD510MK2で42〜22kHz、TD508MK3が52〜27kHz。

 スピーカー部とスタンド部は、上位モデル「TD712zMK2」のコンセプトを継承。3本のスパイクとオリジナルの特殊固定構造で点接触を実現した。また角度調整機構にも改良を加え、従来機より調整が容易になっているという。スピーカー部は、上下で−10度から15度までの範囲で調整が可能だ。

 最大許容入力は、TD510MK2が50ワット、TD508MK3は30ワット。インピーダンスは、TD510MK2が6オーム、TD508MK3は8オームとなっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.