ニュース
» 2012年01月13日 23時01分 UPDATE

さまざまな入力ソースをデジタル化、ティアックからCD/カセットレコーダー「AD-RW900」

ティアックは、さまざまな入力ソースのデジタル化を可能にするCD/カセットレコーダー「AD-RW900」を発売する。USBメモリに対する再生・録音や、USB接続によるPCへのデータ転送も可能。

[ITmedia]

 ティアックは、USB接続に対応したCD/カセットレコーダー「AD-RW900」を1月下旬より順次発売すると発表した。希望小売価格は6万8250円で、発売日はブラックが1月下旬、シルバーが2月中旬を予定している。

PhotoPhoto USB接続に対応したCD/カセットレコーダー「AD-RW900」

 AD-RW900は、さまざまな入力ソースのデジタル化およびカセットテープへの録音が行えるマルチメディアレコーダー。インタフェースにはアナログライン入力、フォノ入力端子、光デジタル入力端子を装備。44.1kHzのほか32kHz/48kHzのデジタル信号も直接入力・記録が可能となっている。

 録音に関しては、音楽用CD-R/RW、USBメモリ、カセットテープへの出力が可能。本体背面のUSB端子を使えば、デジタル化したオーディオデータをPCへ転送することもできる。

 再生についてはCD-DAフォーマットの音楽CDおよびMP3/WMAファイルが記録されたCD-R/RWのほか、カセットテープやUSBメモリ内の音楽ファイル(MP3/WMA)に対応している。サイズは435(幅)×145(高さ)×288(奥行き)ミリ、重量は5.6キロ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう