ニュース
» 2012年01月18日 22時55分 UPDATE

安定飛行:アプリで操縦するヘリコプターが大きくなった!  「アプコプターL」登場

ウィズは、iPhoneで操縦するヘリコプター型のガジェットトイ「アプリズムシリーズ アプコプターL」を発売する。従来品よりサイズアップし、より安定した飛行を楽しめる。

[ITmedia]

 ウィズは、「アプリズムシリーズ」の新製品「アプコプターL」を2月上旬に発売する。iPhoneやiPod touchのタッチパネルで操縦するヘリコプターの第2弾だ。価格は7140円。

Photo 「アプリズムシリーズ アプコプターL」

 同梱(どうこん)の赤外線ユニットをiPhoneなどに装着、アプリを導入すればヘリコプターを自由自在に操れる。従来の「アプコプター」より本体がひとまわりサイズアップしたことで、より安定した飛行を楽しめるという。本体サイズは220(幅)×100(高さ)×185(奥行き)ミリ。赤外線のチャンネル選択により、3機までなら近接距離でも同時に飛ばすことができる。

PhotoPhoto iPhone/iPod touchに専用アプリをダウンロード(左)、赤外線ユニット(右)を装着する。サウンド付き

 対応機種はiPhone 4S/4/3GS、第4世代iPod touch。本体・赤外線ユニットともにUSBによる接続式の充電となっている。アプリはApp Storeで無料ダウンロードできる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう