ニュース
» 2012年01月23日 22時14分 UPDATE

ユニデン、Bluetoothでスマホにつながるイエデン第2弾

ユニデンがBluetoothケータイやスマートフォンを4台まで登録できる、DECT方式のコードレス電話「DECT3288」を発表した。従来機の子機タイプに加えて、停電時も通話できる親機タイプをラインアップ。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ユニデンは、固定電話回線と携帯電話回線の両方が利用できるDECT方式のデジタルコードレス電話機「DECT3288」を2月上旬に発売する。直販サイトでの販売価格は1万4980円。

Photo 「DECT3288」

 DECT3288は、2011年に発売された「DECT3280」に続く“calen(可憐)”シリーズの第2弾。同時に4台までのBluetooth対応の携帯電話やスマートフォンを登録でき、携帯電話回線にかかってきた通話をDECT3288の受話器で受けたり、DECT3288から携帯電話回線を使って通話の発信が行える。固定回線のない家庭で携帯電話を固定電話のように使うことも可能だ。

 1度登録したケータイやスマホは、エリア内に入ると自動的にリンクされる。子機は最大12台まで増やすことができ、親機とあわせて最大13台を利用して受話/送話が行える。リンクしている携帯電話ごとに着信音を変更できるほか、子機を2台以上利用している場合はどの子機にどの携帯電話の通話を着信させることもできる。

 親機には大型のチルト機構つきディスプレイが搭載されており、漢字表示で5グループ最大1000件の電話番号が登録可能。ナンバーディスプレイにも対応。夜間等に着信音を鳴らさないサイレント機能も搭載した。また親機は、NTTなどの固定回線では電話線からの電力だけでも利用でき、、災害時や停電時でも固定回線の通話が行える。カラーバリエーションはホワイト、ブラック、ローズの3色。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう