ニュース
» 2012年01月31日 19時07分 UPDATE

49万8000円:ラトック、10MHzクロックジェネレーターの組み立てキットを発売

ラトックシステムは、10MHzルビジウムクロックジェネレーターの組み立てキット「RAL-RbOSC1K」を2月上旬に発売する。

[ITmedia]
ts_ral01.jpg 「RAL-RbOSC1K」

 ラトックシステムは1月31日、10MHzルビジウムクロックジェネレーターの組み立てキット「RAL-RbOSC1K」を発表した。価格は49万8000円。2月上旬に発売する予定だ。

 水晶クロックに比べて1万倍精度が高いとされるルビジウムクロックを採用したクロックジェネレーター。10MHzクロック入力に対応しD/Aコンバーターやユニバーサルプレーヤーなどのオーディオ機器に接続し、正確なクロック信号を入力することで、より原音に近い再現が可能になるという。ウォームアップ時間が10〜15分と短いことも特長だ。

 Windows用のオリジナルソフト「Rb発信周波数設定ユーティリティ」を添付しており、PCとUSB接続して発信周波数の微調整や状態の確認が行える。対応OSは、Windows 7/Vista/XP。

ts_ral02.jpg パッケージに含まれるパーツ類

 なお、組み立ては、クロックモジュールを取り付けた基板を本体に取り付け、ケーブルを接続するだけで終了。「回路の知識は一切不要」(同社)という。

関連キーワード

ラトックシステム | 周波数 | Windows


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう