ニュース
» 2012年01月31日 22時48分 UPDATE

東芝、「DBR-Z160/DBR-Z150」のアップデートで不具合

東芝は、“レグザブルーレイ”の一部製品において、「レグザリングシェア」の機能改善のためのソフトウェアアップデートが原因で動作しなくなる現象を確認した。電話窓口で対応方法を案内する。

[ITmedia]

 東芝は1月31日、Blu-ray Discレコーダー“レグザブルーレイ”の一部製品において、「レグザリングシェア」の機能改善のためのソフトウェアアップデートが原因で動作しなくなる不具合を発表した。電話窓口で対応方法を案内する。

 該当機種は、2011年10月20日発売の「DBR-Z160」「DBR-Z150」の一部機種。1月31日以降、本体前面画面に「UPDATE」と表示され動作しなくなり、電源ボタンを長押しして再起動しても「WAIT」表示のまま動作しないなどの現象が発生した。逆に現在問題なく動作している場合は、当該不具合は発生しないという。

 東芝では、電話による問い合わせ窓口を設置。該当するユーザーにソフトウェアがインストールされているUSBメモリを送付する。対象機器前面のUSB端子にUSBメモリを差し込み、同梱(どうこん)の手順書の通りに操作すると再起動できるようになるという(→続報:東芝、「DBR-Z160/DBR-Z150」の修正ソフトウェアを公開)。

DVDインフォメーションセンター

一般電話から:0120-96-3755(フリーダイヤル)

携帯電話から:0570-00-3755(ナビダイヤル)

受付時間:365日 9時〜20時 ※1月31日(火)〜2月3日(金)までは9時〜21時


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.