ニュース
» 2012年02月02日 23時36分 UPDATE

「Gガイド」アプリのアップデートも:徐々に浸透するRoviの技術――iPhoneやSTB、カーナビまで

Rovi(ロヴィ)は業説明会を開催し、開発中のiPhone/Android向けアプリ「Gガイド」やJVCケンウッドのカーナビに提供した「Rovi Media Recognition」などを披露した。

[ITmedia]

 Rovi(ロヴィ)は2月1日、国内の報道関係者向けに事業説明会を開催し、開発中のiPhone/Android向けアプリ「Gガイド」や、1月の「International CES」で発表した「TotalGuide G2」などを披露した。また、JVCケンウッドのカーナビゲーションシステムにiPhone機能対応の「Rovi Media Recognition」が採用されたことも発表している。

 Roviが提供するプラットフォームには4つの形態がある。まずは「TotalGuide」のような家電向けのアプリケーション。いわゆる電子番組表だが、日本向けの「G-Guide」と異なるのは各種VODサービスのコンテンツも並列に扱えることだ。例えば好きなタレントの名前で検索をかけると、出演するテレビ番組に加え、VODで視聴できる映画やビデオコンテンツまでリストアップしてくれる。日本市場ではまだ利用できないが、東芝が海外向けのテレビ製品にTotalGuideを採用したことがCESで話題になった。

ts_rovi04.jpgts_rovi05.jpg TotalGuide G2のデモ。G2は従来版に比べてレスポンスが良くなったほか、VOD事業者が自社サービスのトップにインタラクティブがアプリを組み込み、よりリッチに見せることが可能になっている(右)

 2つめのプラットフォームは、「DivXプレーヤー」に代表される組み込みサービス。日本でもDivX認証機器の出荷台数は増加しているが、ワールドワイドの累計出荷台数は6億台以上に上るという。また、DivXの技術をVODなどネット動画配信サービスに利用すると、帯域幅の変化に対応してサーバ側でコンテンツのビットレートを柔軟に変更できるソリューションとなる。こちらは主に北米でVOD事業者向けに提供されている。

 そのほかにも広告配信「Rovi Ad Platform」などのクラウドサービス、そして映画やテレビ、音楽を含むエンターテイメントのメタデータサービスが挙げられる。今回、JVCケンウッドのカーナビに採用された「Rovi Media Recognition」もその1つ。カーナビに手持ちのiPhoneを接続し、CDを入れると楽曲情報やアーティスト情報がダウンロードされる仕組みだ。iPhoneを充電しながら通信手段として利用するスタイルになっている。

ts_rovi01.jpgts_rovi03.jpg JVCケンウッドの「MDV-737DT」でデモ中。iPhoneアプリ「KENWOOD Music Info.」を起動しておくと、挿入されたCDの楽曲やアーティストといった音楽メタデータを読み込む。下位モデルの「MDV-535DT」も対応している

 米Rovi Corporationプロダクト担当エグゼクティブバイスプレジデントのCorey Ferengul(コーリー・フェレンガル)氏は、「エンターテイメントの幅が広がり、消費者も混乱している。どこに自分の求めるコンテンツがあるのか分からない」と指摘。Roviは、コンテンツの検索とアクセス、パーソナル化(レコメンデーション、ソーシャルメディア接続)、そして広告というジャンルに特化してサービスを提供していくという。「数年前、Webサイトが増えたときに検索エンジンが登場した。それと同じように家電にも検索が必要だ」(Ferengul氏)。

 また日本のユーザー向け発表として、パナソニック“DIGA”やパイオニアのCATV STB(セットトップボックス)などが採用しているG-Gudeの「注目番組」に、有料放送の「スターチャンネル」が仲間入りすることも明らかにした。

ts_rovi09.jpgts_rovi08.jpg 「注目番組」に、有料放送の「スターチャンネル」が仲間入り(左)。iPad版「Gガイド」アプリのアップデート版。県境の地域などは隣県の放送局も視聴できることがあるが、これまではエリア選択で1地域しか選べなかった。新バージョンでは、エリアの追加で放送局を増やすことが可能。写真では東京エリアの放送局に千葉の放送局を追加している(右)

 昨年秋にリリースされたiPad版「Gガイド」アプリは、春頃に大きなアップデートを予定している。こちらは番組表に表示する放送局をユーザーがカスタマイズできるほか、次の番組が始まるまでのカウントダウン機能などが追加される予定。既存ユーザーは無償アップデートできる見込みだ。

 このほか、GガイドアプリのAndroid版とiPhone版のデモンストレーションも見ることができた。ただし、こちらは残念ながら市販アプリにする予定はなく、テレビメーカーなどに提供するB to Bのビジネスを目指しているという。「2月にはメーカー向けにSDKの提供をスタートする予定だ」(同社)。春以降、Gガイドアプリが使えるスマートなテレビが増えるかもしれない。

ts_rovi07.jpgts_rovi06.jpg Android版とiPhone版の「Gガイド」アプリ(開発中)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.