連載
» 2012年02月10日 16時16分 UPDATE

野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:知る人ぞ知る? 中国Takstarのヘッドフォン「PRO 80」を聴く (1/2)

エミライが取り扱いを開始した中国Takstar製ヘッドフォン。実は、一部のヘッドフォンマニアの間で「値段の割に音がいい」と評判になっていたものだ。その実力をさっそくチェックしていこう。

[野村ケンジ,ITmedia]

 ヘッドフォンからテレビ、ホームシアターまで、さまざまなジャンルの数多あるAV系新製品のなかから注目の新製品をピックアップし、いち早いレビューをお送りしていく「野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review」。今回はエミライが2月から取り扱いを開始したTakstar製ヘッドフォン「PRO 80」を紹介しよう。

ts_takstar09.jpgts_takstar010.jpg Takstarの「PRO 80」

 Takstarは、ヘッドフォンやヘッドフォンアンプ、マイクなどを得意とする中国のオーディオメーカーである。同社製品の日本展開は、中国通販サイトからの直輸入がメインだったが、このたびエミライが取り扱いを開始することになり、ますば「PRO 80」「HI 2050」「TS-671」という3タイプのオーバーヘッド型ヘッドフォンの販売がスタートした。

 高級オーディオPCや、オリジナルカスタムを施したDAC「CAPRICE em edition」など、強いこだわりを見せるオーディオ製品をリリースするエミライが、中国製の、しかもどちらかといえばコストパフォーマンス重視タイプの製品を何故扱うことにしたのか? と、不思議に思うかもしれない。しかし、実はこの製品、一部のヘッドフォン好きの間では「値段の割に音がいい」と評判になっており、エミライのオーディオ担当者もあるオーディオファンからの推薦を受けて試聴を行い、取り扱いを決定したのだという。販売がスタートされた製品は、先にもいったとおり「PRO 80」「HI 2050」「TS-671」という3モデルだが、ここでは最上級となる「PRO 80」をメインに話を進めていこう。

装着感は良好、でもカールコードは……

 「PRO 80」は、ブラックのカラーを基調としたシンプルなデザインや、一部に金属を使った密閉型フランジ、片出しカールコードの採用など、スタジオモニターを意識した製品に仕上げられている。とはいえ、それほど剛胆な作り(丈夫さ優先のごつい作り)ではなく、あくまでもアイデンティティーとしてそういったデザインをチョイスしているのだろう。軽量でシンプルな本体は、意外と扱いやすい。ヘッドバンドやヨーク(フランジ部分とヘッドバンドの接合ステー)に金属素材を採用したり、ヘッドパッドやイヤーパッドには、装着感を配慮してソフトレザーや低反発素材を使用するなど、意外に作りも丁寧だ。

ts_takstar07.jpgts_takstar08.jpg イヤーパッドにはソフトレザーや低反発素材を使用。ケーブルは片だしでカールコードになっている

 ヘッドバンドがかなり柔軟に広がってくれるうえ、本体重量もかなり軽めに仕上げられているので、装着感はなかなかに良好だ。密閉型なうえ、音漏れもそれほど盛大ではないので、屋外での使用も充分可能だ。

 ケーブルが片出しのため、Rチャンネル用のケーブルが左右フランジからはみ出ているが、それほどじゃまにはならない。それよりも気になったのは、カールコードの採用だ。正直、イマドキはプロでも(屋外ステージなどよほどの環境でもない限り)カールケーブルは使わないだろうから、着脱式のケーブルを採用してもらうか、直付けであれば、せめて3メートルくらいのストレートケーブルを付けてもらえるとうれしかった。このあたりは、今後の改善に期待したい。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう