ニュース
» 2012年02月10日 23時08分 UPDATE

ステレオ再生も可:プリンストン、骨伝導ドライバーも搭載したハイブリッド型Bluetoothヘッドセットを発売

プリンストンテクノロジーは、ハイブリッド骨伝導方式を採用したBluetooth接続のコードレスハンズフリーヘッドセット「PTM-BEM7」を発売する。

[ITmedia]

 プリンストンテクノロジーは、ハイブリッド骨伝導方式を採用したBluetooth対応のコードレスハンズフリーヘッドセット「PTM-BEM7」を2月下旬に発売する。実売予想価格は7980円。

Photo 「PTM-BEM7」。左からブラック、シルバー、ガンメタリック

 片耳タイプのハンズフリーヘッドセット。通常のイヤフォンスピーカーに加えて骨伝導ドライバーを搭載したハイブリッド方式を採用し、通常のイヤフォンでは音が聞き取りづらいような騒音下でも快適に通話や音楽が楽しめるという。補助機能としてノイズリダクションやエコーキャンセル機能も搭載した。

 Bluetooth Ver2.1+EDR対応。AVRCPにも対応しており、リモコン操作も可能だ。またオーディオプロファイルをサポートしているため、音楽やワンセグの視聴にも利用できる。音楽再生時には、付属の拡張ステレオイヤフォンを取り付けることで、ステレオで楽しめるという。

asa_princeton_02.jpg ステレオ再生用の「拡張ステレオイヤフォン」を付属

 バッテリーはリチウムポリマーバッテリーを内蔵し、連続通話は最長約6時間、連続待受は約250時間だ。充電は専用USBケーブルで行うが、車の中で利用できるUSBシガーソケット充電器も付属する。カラーバリエーションはブラック、シルバー、ガンメタリックの3種類。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.