ニュース
» 2012年02月15日 22時56分 UPDATE

2011年の薄型TV、販売規模は史上2番目

ジーエフケーによると、2011年の国内家電小売市場規模は2009年とほぼ同規模の約8兆5000億円を記録。薄型TVは2010年に次ぐ販売台数を記録したという。

[ITmedia]

 ジーエフケーマーケティングサービス ジャパン(以下、GfK)は、2011年の家電およびIT市場に関する販売動向を発表した。これによると、昨年の国内家電小売市場規模は約8兆5000億円。省電力製品への需要増加やアナログ停波による映像機器の買い替え需要に支えられ、2009年とほぼ同規模となった。

 販売チャネル別ではホームセンターが節電需要を追い風に好調な推移を見せ、販売形態別ではインターネット通販が拡大したという。家電市場全体におけるインターネット通販の構成比は7.5%(前年比1%増)となっている。

 市場別で見ると、薄型TV市場はエコポイント制度とアナログ停波が牽引し、販売台数では2010年に次ぐ2番目の2081万台を記録。とくに2、3台目テレビの買い替えニーズから小型TVに対する需要が高まり、26インチ以下の数量構成比は40%(前年比6%増)となった。2012年については故障等による買い替え需要を中心に、1100万台程度の市場規模が見込まれるという。

 DVD/Blu-ray Disc市場についても1021万台(前年比13%増)と好調に推移した。レコーダー市場は708万台(同19%増)で、そのうちBDレコーダーが615万台(同35%増)と市場を牽引。アナログ停波直前の駆け込み需要により、7月にはBDレコーダー販売台数が月間で過去最高の104万台を記録した。また、BDレコーダーは内蔵HDDの大容量化が進んでおり、500Gバイトクラスの数量構成比は58%(同17%増)となっている。

 そのほか、パソコン市場は全体で1504万台(前年比4%増)となり、リテール市場が5年連続、リセラー市場が2年連続の販売増を記録した。Webbooks(タブレット端末)市場はモデル数や取扱い店舗の増加に伴い、市場全体で138万台(同160%増)と大幅に成長。PCディスプレイ市場は380万台(同4%減)と微減傾向にある。

 家電やデジタルデバイス関連では、デジタルカメラ市場が957万台(前年比9%減)、携帯電話市場が3739万台(同6%増)と2年連続プラス成長、冷蔵庫市場が478万台(同8.5%減)、クリーナー市場が788万台(同4%増)、コーヒーメーカー市場が166万台(同9%増)となっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.