ニュース
» 2012年02月17日 15時38分 UPDATE

緊急警報放送で自動オン:乾電池で動くデジタルハイビジョンテレビ、ピクセラから

ピクセラは、“PRODIA”シリーズの新製品として、乾電池でも動作する12V型ハイビジョンテレビ「PRD-LK112」を3月中旬から順次発売する。

[ITmedia]
ts_provia01.jpg 「PRD-LK112BK」(ブラック)

 ピクセラは2月17日、“PRODIA”シリーズの新製品として、乾電池でも動作する12V型ハイビジョンテレビ「PRD-LK112」を発表した。防災意識の高まりを受け、防災グッズにもなる小型テレビとして訴求する。

 単三形アルカリ乾電池で約1時間、充電式電池で約2時間、専用のバッテリーパックでは約2時間の連続視聴が可能なポータブルテレビ。通常の地上デジタル放送に加えてワンセグ放送も受信できるほか、、テレビを消している時にも「緊急警報放送」を受信し、自動的に電源が入る仕様になっている。

 12V型の液晶画面は、1366×768ピクセルのWXGAパネルを採用。ブラック、レッド、ホワイトの3色をラインアップしており、ブラックを3月中旬から、レッドとホワイトは3月後半から順次発売する予定だ。なお、そのほか詳しい仕様などは「近日公開」(同社)としている。

ts_provia02.jpg 左から「PRD-LK112BK」(ブラック)、「PRD-LK112RE」(レッド)、「PRD-LK112WH」(ホワイト)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.