ニュース
» 2012年02月23日 19時06分 UPDATE

いつでも時計:個室にちょうどいいベーシックモデル、東芝レグザ「32AC4」

東芝は、32V型のベーシックモデル「32AC4」を2月24日に発売する。「いつでも時計」や「だんだんオンタイマー」搭載。

[ITmedia]
ts_regca01.jpg 「32AC4」

 東芝は2月23日、液晶テレビ“REGZA”(レグザ)の新製品として、32V型のベーシックモデル「32AC4」を発表した。2月24日に発売予定で、価格はオープンプライス。

 WXGA(1366×768ピクセル)のVA方式液晶パネルを搭載したパーソナルサイズ。「レグザエンジン」を搭載し、超解像技術採用「レゾリューションプラス4」やゲームプレイ時の遅延を抑える「ゲームダイレクト」モードを備えた。地上/BS/CS110度デジタルチューナーは1基。

 リモコンの「時計」ボタンで手軽に時刻の確認ができる「いつでも時計」や、就寝前や起床時に音量や明るさを徐々に通常レベルに調節する「だんだんオンタイマー/だんだんオフタイマー」機能など、1人暮らしや個室での利用を意識した機能を採用した。

 付属のリモコンは、大きく太い文字で見やすい「ラージフォントリモコン」を採用。「番組表」ボタンやカーソルキーなど、使用頻度の高いボタンは色を変えている。

ts_regca04.jpgts_regca03.jpg 文字が大きく見やすい「ラージフォントリモコン」を採用(右)

 外形寸法は、910(幅)×574(高さ)×142(奥行き)ミリ。重量は10.5キログラム。

関連キーワード

REGZA | 東芝 | リモコン | 超解像技術 | VA方式


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう