ニュース
» 2012年02月27日 18時35分 UPDATE

「radiko.jp」に民放ラジオ11局が参加、全国各地で聴取可能に

「radiko.jp」は、4月2日の12時からサービスを拡張。新たに民放ラジオ11局が参加するとともに、「ラジオNIKKEI」と「放送大学」を47都道府県すべてで聴取可能にする。

[ITmedia]

 radikoは2月27日、スマートフォンやPCでラジオが聴けるIPサイマルラジオサービス「radiko.jp」を4月2日の12時から大幅に拡充すると発表した。新たに民放ラジオ11局が参加するとともに、「ラジオNIKKEI」と「放送大学」を47都道府県すべてで聴取可能にする。

 新たに参加する民放ラジオ局と視聴エリアは、「IBC岩手放送」(岩手県)、「東北放送」(宮城県)、「ラジオ福島」(福島県)、「新潟放送」(新潟県)、「エフエムラジオ新潟」(新潟県)、「新潟県民エフエム」(新潟県)、「北日本放送」(富山県)、「富山エフエム放送」(富山県)、「大分放送」(大分県)、「エフエム大分」(大分県)、「宮崎放送」(宮崎県)の11局。当初は実用化試験試験配信という位置づけで、各県内への配信をスタート。半年後の本配信を目指す。

 一方、すでにradiko.jpに参加している「ラジオNIKKEI」については、本来の放送エリアに準じる形で4月2日から全国各地への配信を開始。さらに民放ラジオ局以外では初の参加となる「放送大学」も、同日より全国で聴けるようになる。「放送大学が極めて公共性の高い教育という分野であることから、全国配信が新たなユーザーサービスにつながるものと考えている」(同社)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.