ニュース
» 2012年03月08日 14時19分 UPDATE

4万2000円:ソニー、フロントハイに対応したエントリーAVアンプ「STR-DH530」

ソニーは、AVアンプの新製品「STR-DH530」を4月20日に発売する。エントリーモデルに位置づけられる低価格機ながら、フロントハイスピーカーを使用する音場モードが充実。

[ITmedia]

 ソニーは3月8日、AVアンプの新製品「STR-DH530」を発表した。エントリーモデルでありながら、フロントハイ・スピーカー対応の音場モードを豊富に用意した7.1chアンプ。4万2000円で4月20日に発売する。

ts_sonystr01.jpg 「STR-DH530」。ホリゾンタルFBエンボスシャーシを採用して剛性を高めた

 前方左右の高い位置に設置するフロントハイ・スピーカーは、主に高さ方向の音場表現を豊かにする。STR-DH530では、「ドルビープロロジックIIz」に加え、上位機種のESシリーズにも採用されている独自の音場モード「HD-D.C.S.」(HDデジタル・シネマ・サウンド)、「ホール」「ジャズ・クラブ」「コンサート」「スタジアム」「スポーツ」「マルチ・ステレオ」という7つの音場モードを用意した。

 パワーアンプ部には、フルディスクリート回路をモジュール化した「高音質メタルコアモジュール」を採用し、エントリークラスでありながら、フルディスクリート構成ならではのダイナミックでヌケの良い音を楽しめるという。実用最大出力は各チャンネル140ワット(定格:各85ワット)。

ts_sonystr02.jpg リアパネル

 また、液晶テレビ“ブラビア”のアプリに加わった「オーディオ機器コントロール」を使えば、テレビの画面右側に現れるメニューでAVアンプの入力切替やサウンドフィールド変更、音質設定などが可能。テレビのリモコンで主な操作が行える。

ts_sonystr03.jpg 「オーディオ機器コントロール」

 HDMI入力は4系統。3DパススルーやARC(オーディオリターンチャンネル)をサポートしている。このほか、コンポーネント映像入力×2、光/同軸デジタル音声入力(光×2、同軸×1)、3系統のオーディオ入力などを備えている。

 外形寸法は430(幅)×322(奥行き)×157.5(高さ)ミリ。重量は約7.6キログラム。リモコンと音場補正用のマイクが付属する。

news063.jpg

→ソニーストアで「STR-DH530」をチェックする
フロントハイ・スピーカーに対応の充実した音場と高音質を実現したマルチチャンネルインテグレートアンプのエントリーモデル。価格は3万7800円(税込/予定)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう