ニュース
» 2012年03月27日 16時32分 UPDATE

レグザ「55X3」にネイティブ4Kを映し出す「4Kボックス」、東芝が発表

東芝は、4Kテレビ「55X3」のオプションとして、PCやビデオカメラと組み合わせ、4Kネイティブ映像を映し出すための“4Kボックス”「THD-MBA1」を発表した。

[ITmedia]

 東芝は3月27日、レグザ「55X3」のオプションとして、PCやJVCケンウッドの4Kビデオカメラと組み合わせ、4Kネイティブ映像を映し出すための“4Kボックス”こと4倍画素QFHD映像入力アダプター「THD-MBA1」を発表した。受注生産品として3月30日に発売する。価格はオープンプライスだが、店頭では20万円前後になる見込みだ。

ts_4kbox02.jpgts_4kbox01.jpg “4Kボックス”こと「THD-MBA1」(左)。REGZAの商品企画を担当する東芝の本村裕史氏(右)

 55X3は、フルHDのちょうど4倍にあたる3840×2160ピクセルの画素を持っているが、それを生かせるコンテンツはまだ少ない。現状では、BDソフトやデジタル放送の映像に「レグザエンジン CEVO」による超解像技術を施してアップコンバート表示するか、デジタルスチルカメラの画像を映し出すといった用途が中心だ。今回の4Kボックスは、PCやビデオカメラといったすでに市場にある機器と55X3の接続性を確保することで、その用途を拡大しようという試みだ。

 4Kボックスの背面には、4つのHDMI入力と独自の出力ポートが搭載されている。この出力ポートは、業務用機器で使われるMDRコネクターと同形状ながら配線は独自というもの(50ピン)。付属のケーブルで55X3の背面にある26ピンコネクターと接続すれば、4K解像度で60Pの伝送が可能になる。現在のHDMI規格でも4K伝送は可能だが、フレームレートが30フレーム/秒(30P)に限られている。

ts_4kbox08.jpgts_4kbox09.jpg 背面には4つのHDMI入力と独自の出力ポート(左)。対応するグラフィックスカードを装着したPCと組み合わせたデモ(右)

ts_4kbox010.jpgts_4kbox011.jpg 表示画像は4Kをフルに活用している

 4Kボックスが提案する用途は主に3つ。まず、PCに対応するグラフィックスボードを搭載し、HDMIケーブル4本で接続すること。例えばAMDのグラフィックスボード「ATI FirePro V7900」では4Kの60Hzまで動作を確認済みだ。また24/30HzまでならHDMIケーブル1本の接続でも4K映像を表示可能。同じくAMDの「Radeon HD 7750」での動作が確認されている。

 2つめは、JVCケンウッドが3月16日に発表した業務用ビデオカメラ「GY-HMQ10」との組み合わせ。GY-HMQ10は、約1.67キログラム(バッテリー込み)のハンドヘルドサイズながら、1/2.3型829万画素“裏面照射”CMOSセンサーにより55X3と同じQFHD(3840×2160ピクセル)撮影が可能。また、4Kの撮影画面を4分割して4つのHDMI端子から出力する機能を備えているため、東芝の4Kボックスと55X3があれば、撮影した映像をリアルタイムに4K/60P出力できることになる。

ts_4kbox04.jpgts_4kbox03.jpg 出力映像は、それぞれのエッジ部分(境目)をオーバーラップする「エッジブレンド処理機能」で違和感をない映像になる

 また、4Kボックスは業務用4K映像ビデオレコーダーのモニターとしても活用できる。例えば、アストロデザインの「HR-7512-A」は、非圧縮の4K録画に対応したSSDビデオレコーダー。映像出力はHDMIと互換性のあるHD-SDI×4のため、それぞれに変換アダプターを取り付けてHDMIケーブル4本にすれば、非圧縮のQFHD/60Pのまま録画から再生・表示までをカバーできるという。

ts_4kbox05.jpgts_4kbox06.jpg アストロデザインの「HR-7512-A」(左)。4台のPCから映像を出力(右)

 このほか、4つのHDMI入力それぞれにPCを接続して“境目のないマルチモニター環境”にしたり、4台のフルHDビデオカメラによる4アングル監視ディスプレイ、デジタルサイネージなど、その用途はニッチながらも幅広い。東芝の本村氏は、「4Kは、映像をとことん楽しむためのもの。大きなキャンバスによって新しい使い方が生まれるだろう」と指摘する。「テレビはスマート化といった進歩もあるが、4Kは映像表示装置としての“進化のど真ん中”。東芝は今年、4Kボックスを皮切りに4K関連商品を整えていく」(本村氏)。

関連キーワード

東芝 | HDMI


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう