ニュース
» 2012年03月29日 20時55分 UPDATE

水着ではありません:水の中でも音楽、GEANEEから「Speedo」ブランドのプレーヤー&スピーカー

スポーツウェアで知られる「Speedo」ブランドから、防水仕様の音楽プレーヤーやドック付きスピーカーが登場した。

[ITmedia]

 GEANEEは、スポーツウェアブランド「Speedo」のデジタル機器に関する日本販売権を取得し、第1弾として3製品をリリースした。ラインアップはオーディオプレーヤー、デジタルカメラ、ドック付きスピーカーで、いずれもブランドイメージを裏切らない防水仕様だ。3月28日発売予定で、価格はすべてオープンプライスとなっている。

ts_speedo02.jpgts_speedo03.jpg 「AQUABEAT V2.0 4GB」。ディスプレイは有機EL。背面のクリップで水着やゴーグルに装着できる

型番 AQUABEAT V2.0 4GB AQUASHOT 9MP AQUABEAT DOCK
概要 防水オーディオプレーヤー 防水デジタルカメラ 防水スピーカー
カラー ブラック、ピンク、ライム ホワイト、パープル ライム
発売日 3月28日
店頭予想価格 1万2800円前後 1万2800円前後 9980円前後

 「AQUABEAT V2.0 4GB」は、4Gバイトのメモリを内蔵したオーディオプレーヤー。IPX5/IPX7相当の防水機能と水に浮くボディーが特長で、専用の防水イヤフォンも付属する。また、ジョギングに便利な歩数計機能やストップウォッチ機能も備えている。

 対応ファイルはMP3およびWMA。内蔵バッテリーで最大20時間の連続再生が可能だ。本体カラーは、ブラック、ピンク、ライムの3色を用意した。

ts_speedo01.jpg 「AQUABEAT DOCK」

 防水ドック付きスピーカー「AQUABEAT DOCK」は、IPX6相当の防水性能を持ったスピーカーだ。本体内部に小型プレーヤーを格納できる構造になっており、上記の防水オーディオプレーヤー「AQUABEAT V2.0」ならすっきりと収納できるという。

 スピーカー本体は水に浮く仕様で、プールなどに浮かべての利用も可能だ。電源は内蔵リチウム充電池で、USBでの充電時間は約4時間、動作時間は最大約8時間となっている。

 カラーはライムのみで、本体サイズは約200(幅)×122.3(高さ)×58.8(奥行き)ミリ。重量は約349.2グラム。

ts_speedo04.jpg 900万画素のCMOSセンサーを搭載した防水デジカメ「AQUASHOT 9MP」。IPX5/IPX7相当で、水深3メートルまで対応する

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう