ニュース
» 2012年04月04日 15時52分 UPDATE

ファッション性も大事:ソニー、スタイリッシュな密閉型ヘッドフォン「MDR-ZX650/ZX600」を発売

ソニーは、密閉型ヘッドフォンの新製品「MDR-ZX650/ZX600」を4月下旬に発売する。カラーのアクセントが印象的なアウトドア用だ。

[ITmedia]

 ソニーは4月4日、密閉型ヘッドフォンの新製品「MDR-ZX650/ZX600」を発表した。カラーのアクセントが印象的なアウトドア用スタイリッシュモデル。スイーベル機構や折り畳み機構を採用して携帯性も高めている。

ts_zx6501.jpgts_600zx01.jpg 「MDR-ZX650」はブルーとレッドの2色(左)。「MDR-ZX600」はブルー、レッド、ブラックの3色(右)

型番 MDR-ZX650 MDR-ZX600
ドライバー 40ミリ径
カラーバリエーション ブルー、レッド ブルー、レッド、ブラック
インピーダンス 40オーム
最大入力 1000mW
感度 105dB/mW 104dB/mW
コード長 1.2メートル(片だし) 1.2メートル(両だし)
重量 約220グラム 約170グラム
希望小売価格 9975円 7455円
発売日 4月21日

 ラインアップ上は、2010年秋に“モニターシリーズ”として登場した「MDR-ZX500」の後継機となるが、欧米を中心にファッション性の高いヘッドフォンが伸びていることを受けて路線を変更。下位モデルの「MDR-ZX300/ZX100」に近いカラフルでスタイリッシュなモデルに転換した。

ts_zx6502.jpgts_zx6503.jpgts_zx6505.jpg 「MDR-ZX650」。カラーのアクセントと「SONY」ロゴを大胆に使ったシンプルなデザイン

ts_zx6001.jpgts_zx6002.jpgts_zx6004.jpg 「MDR-ZX600」はブラック、ブルー、レッドの3色

 丸みを帯びた形状のMDR-ZX650、コンパクトなMDR-ZX600とテイストは異なるものの、どちらもハウジングを一周するカラーがアクセント。そこから延びるコードには絡みにくいフラットタイプを採用した。MDR-ZX600は両だし、MDR-ZX650は片だしとなっている。また、MDR-ZX650ではハウジングのトップ部分にアルミ素材のパーツを使用して高級感を演出した。

 アウトドアを意識して携帯性も重視。MDR-ZX600は、ハウジング部をフラットにできるスイーベル機構を採用。一方のMDR-ZX650はハウジングを反転させる機構を備えており、コンパクトに折りたたんで持ち運ぶことができる。

ts_zx6506.jpgts_zx6003.jpg MDR-ZX650はハウジングを反転させてコンパクトに折り畳みが可能(左)。MDR-ZX600はスイーベル機構により、持ち運び時の厚みを抑えた(右)

 ドライバーは両モデル共通で、300kJ/m3のネオジウムマグネットを採用した新開発の40ミリ径。磁力の強いマグネットで音の解像感を高めるとともに、低域から中高域までバランスのとれた特性を実現したという。また、どちらのモデルも最大1000mWの入力をサポートしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう