ニュース
» 2012年04月06日 16時34分 UPDATE

“揺れない”スピーカー「attitude 682s」、CEEDから登場

“無共振”という理想を追求した小型スピーカー「attitude 682s」が登場。不要共振を取り除き、音のひずみを抑えるユニークな機構を開発した。

[ITmedia]

 CEED(シード)は、“無共振”という理想を追求した小型スピーカー「attitude 682s」を発売した。スピーカーにつきものの不要共振を取り除き、音のひずみを抑えるユニークな機構を開発、「揺れないスピーカー」を作り出した。価格は1本17万円。

ts_seed05.jpg 「attitude 682s」(1本17万円)。現在は発売記念キャンペーン価格として、同社サイトでは1台14万円で販売している。5月末までの期間限定だ

 同社によると、共振によるひずみが発生する主要因は、スピーカーユニットが振動したときの“反作用”だという。スピーカーは、振動板を揺らして音を出すとき、前方のみならず背面側にも音を放射する。振動板の運動(作用)に対する反作用がエンクロージャー(キャビネット)に伝わり、位相のズレやひずみが付加されて周囲に放射されてしまう。これがスピーカーの音質を低下させると指摘する。

 さらに、エンクロージャーの振動が振動板の動きに干渉したり、ユニットの駆動部が揺れて空気へのエネルギー伝達効率が低下し、過渡特性(トランジェント)を悪くする原因にもなるという。

 同社は、エンクロージャーを振動させないため、2つのユニットを背中合わせに連結。これを同時に駆動することで、互いの反作用を打ち消すことができるという。ユニットはリンケージシャフトによってエンクロージャーから独立(フローティングマウント)しているため、エンクロージャーとの相互干渉も起きない設計になっている。

ts_structure01.jpg 内部構造

 スピーカーを背中合わせにして振動を抑える手法は、パナソニックのAVラックなどでも採用されている。もっとも背中合わせにするのはウーファーであり、振動を抑える目的もラックのガラス扉がならないようにすること。音質を追求するためにフルレンジスピーカーを連結したCEEDのアプローチとは異なる。CEEDでは、この機構を「FCDL(Floating Counter Drive Layout)」とし、現在実用新案登録出願を行っている。

ts_seed06.jpg 使用したユニット

 使用したユニットは、Peerless製の8センチフルレンジ。メインユニットとカウンターユニットに使うため、マッチング処理とカスタムチューニングを施した。このカウンター構造は、低音入力時に発生する混変調ひずみも抑え、小口径スピーカーならが高い低音再生能力を獲得したという。さらにローレンジの拡大を図るため、エンクロージャー内部で2つのユニットが出す低域を合成する「コンパウンドベース」を設け、エンクロージャーの前面には「デュアルフレアポート」と呼ぶバスレフポートを設けている。

 主な仕様は下記の通り。

ts_ceed01.jpgts_ceed02.jpgts_ceed03.jpg サイズは160(幅)×360(高さ)×320(奥行き)ミリとコンパクト

製品名 CEED attitude 682s
ドライブユニット 80ミリアノダイズドアルミコーン×2
再生周波数 40〜2万2000Hz
インピーダンス 4オーム
ターミナル バナナプラグ対応
外形寸法 160(幅)×360(高さ)×320(奥行き)ミリ
重量 8.2キログラム
カラー マットブラックフィニッシュ
価格 17万円(1台)

関連キーワード

スピーカー | オーディオ | 期間限定


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう