ニュース
» 2012年04月10日 23時37分 UPDATE

JVCケンウッド、AVナビのエントリーモデル「MDV-434DT」「MDV-333」を発売

JVCケンウッドは、AVナビゲーションシステムの新製品「MDV-434DT」「MDV-333」を発売する。液晶モニターのWVGA化やiPhone/Androidスマートフォン対応など、機能面を大幅に強化した。

[ITmedia]

 JVCケンウッドは、AVナビゲーションシステムの新製品「MDV-434DT」「MDV-333」を5月上旬に発売する。価格はオープン。店頭では、フルセグチューナー搭載のMDV-434DTが8万5000円前後、ワンセグチューナーのMDV-333は7万5000円前後になる見込みだ。

PhotoPhoto 性能や機能面を大幅に強化したAVナビゲーションシステム「MDV-434DT」(写真=左)と「MDV-333」(写真=右)

 LEDバックライト搭載WVGA液晶を採用したAVナビゲーションシステムのエントリーモデル。高速レスポンスを実現する「ジェットレスポンスエンジンII」、高速かつ衝撃や振動に強い「車載スペックSSD」などを採用した。4倍速録音機能により、CDをmicroSDカードへ素早く録音できるほか、USBやmicroSDカードを通じたさまざまな音楽/動画ファイル再生が可能。ナビ画面上にAV画面を表示できる「2画面表示機能」など多彩なAV機能を備えた。独自開発の「DSP」により、車種や環境に応じた音響空間設定が可能だ。

 また、あらかじめ大型主要道路の「開通予定情報」を格納したことにより、予定通りに新設道路が利用可能になった場合、データの表示はもちろん、ルート検索も可能になる新機能を搭載。地図操作や目的地・中継地の設定を行えるiPhone用アプリ「NaviCon」や、楽曲情報データを簡単に取得できるアプリ「KENWOOD Music Info.」とも連携する。

 iPhone 4Sでの音楽・動画ファイル再生や動画視聴が可能。操作モードの切り替えにより、ナビ画面およびiPhone/iPodの両方の側から操作できる。さらに、視聴している動画アプリケーションを本機の画面で視聴できる「EXT(エクスターナル)モード」を搭載。例えばYouTubeなどの動画をナビ画面で楽しめる。

 一方、Androidでは同社の音楽アプリ「KENWOOD Music Control」を採用。スマートフォンに収録した音楽を項目別に選曲できるだけでなく、曲調分析によるプレイリスト作成にも対応している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう