ニュース
» 2012年04月18日 17時57分 UPDATE

家がいちばん:ゴールデンウィークを自宅で過ごす「イエ充」が増加中? スカパーJSAT調査

スカパーJSATが行った調査で、20〜30代の男女は「自宅でのんびり」が好きなことや、ゴールデンウィークも「自宅で家族とのんびり」過ごしたい「イエ充」が多いことが分かった。

[ITmedia]

 スカパーJSATは、20〜30代の男女500名を対象とした「ゴールデンウィークの過ごし方」に関する調査結果を発表した。普段の休日の過ごし方については、出かけるよりも自宅で過ごすという回答が非常に多く、休日や長期休暇を過ごす相手も家族がもっとも多くなるなど「イエナカ」傾向が強いことが分かった。

Photo 普段の休日・長期休暇の過ごし方(出展はスカパー!JSAT)

 休暇に対する意識もレジャーや自分磨きより、のんびりくつろぐ、ゆっくり休養するという回答が多かった。家にいるのが好きという回答は84%、家の中が充実しているという回答は60.4%に上り、家にいる時間を100点満点で評価した場合の点数は69.9点という結果が出た。

 家庭内での過ごし方は「インターネット・ゲームをする」が84.4%、「テレビ・DVDを見る」が78.6%と圧倒的に高く、いずれも平均利用時間が3時間を超えた。

Photo 家の中でしていること

 ゴールデンウィークの過ごし方についても、予定のトップは「自宅で過ごす」、過ごす相手は「家族」、どんな時間にしたいかは「のんびりくつろぎたい」が最上位となっており、家で過ごす場合の過ごし方も「テレビ・DVDを見る」と「インターネット・ゲームをする」がいずれも70%前後となっている。

Photo ゴールデンウィークの予定

Photo ゴールデンウィークを一緒に過ごす相手

Photo ゴールデンウィークに家にいる時する予定

Photo ゴールデンウィークをどんな時間にしたいか

 また、中でも有料放送の視聴者は家の中に対する充実感が強く、ゴールデンウィークの過ごし方も外出より自宅を選ぶ傾向があることが分かった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.