ニュース
» 2012年04月26日 16時03分 UPDATE

エントリー機まで192kHz/24ビット対応、パイオニアがAVアンプ2機種を発表

パイオニアのAVアンプ新製品2機種が登場した。エントリー機の「VSA-822」までAirPlayやDLNA 1.5をサポートしたほか、上位モデルの「VSA-922」では自動化されたフェイズコントロールを新搭載。

[ITmedia]

 パイオニアは4月26日、AVアンプの新製品として、7.2ch対応のスタンダードモデル「VSA-922」および5.1ch対応のエントリーモデル「VSA-822」を発表した。いずれも5月下旬に発売する予定で、希望小売価格はVSA-922が8万4000円、VSA-822は5万6000円。

ts_paivsa01.jpgts_paivsa02.jpg 「VSA-822」(左)と「VSA-922」(右)

 いずれもディスクリートアンプを採用したマルチチャンネル対応AVセンター。従来機にあったFM/AMチューナー搭載機はなくなり、そのため型番から“X”が外れている。その代わり、エントリー機のVSA-822までAirPlayやDLNA 1.5をサポート。さらにネットラジオ対応(vTuner)やスマホ/タブレット連携などネットワーク機能が充実している。「AVアンプに求められるのは、スペック、画質、音質。AVセンターとしての基礎体力を強固にしながら、加えて楽しさを提供したい」(同社)

 前面のUSB端子は、iPod/iPhone/iPadのデジタル入力をサポート。すぐ横にコンポジット映像入力を備え、iOSデバイスからの映像出力にも対応する(要アダプター)。またWAVやFLACの192kHz/24ビット再生をサポート。ネットワーク経由でPCやスマートフォン内の音楽ファイルを再生できるのはもちろん、フロントUSB端子に接続したUSBメモリーなどからもハイレゾ音源を手軽に再生できる。「フロントまで対応した機器はあまりない」(同社)。

ts_paivsa03.jpgts_paivsa04.jpgts_paivsa05.jpg フロントUSB端子(左)。VSA-922のリモコン(中)。VSA-822のリモコン(右)

 もちろん、スマートフォン/タブレットをAVアンプの無線リモコンにするアプリも用意。VSA-922は、多機能リモコンアプリの最新版「iContorol AV2012」が利用可能だ。これまでの基本操作に加え、新たに「Sound Explorer」と呼ばれるメニュー画面を備えており、各種のサウンド調整機能をアイコンで一括表示し、オン/オフや段階調整を指先1つで操作できる。丸いアイコンが上から次々と落ちてくるユニークなアニメーションなど、遊び心も加えた。なお同社によると、iContorol AV2012は2012年モデル専用のアプリとなり、従来機種では使用できないという。

 一方のVSA-822には同社製ネットワークプレーヤーのコントロールアプリをベースにAVアンプやBDレコーダーの専用操作画面を追加した「ControlApp」が無料で提供される。いずれもiOS/Android両対応だ。

ts_paivsa06.jpgts_paivsa07.jpgts_paivsa08.jpg 「iContorol AV2012」では、これまでの基本操作に加え、新たに「Sound Explorer」と呼ばれるインタフェースを搭載。自動音場補正技術「Advanced MCACC」で取得したデータをグラフ表示することも可能だ(左、中)。VSA-822用の「ControlApp」(右)

フェイズコントロール プラスが全自動に

 一方、“基礎体力”にあたる音質面では、VSA-922に採用された「オートフェイズコントロール プラス」と「バーチャルワイドスピーカー」が新しい。オートフェイズコントロール プラスは、音源に由来するLFE成分の位相のズレを解消するフェイズコントロールの進化版。全自動でリアルタイムに補正を行えるようになり、誰でも効果を実感できる。「低域のズレを補正することで、各チャンネルの位相や音色がマッチング。さらに低域だけでなく、中高域がよりクリアに再生され、チャンネル間で自然な音のつながりを実現する」(同社)。

ts_paivsa09.jpgts_paivsa010.jpgts_paivsa011.jpg 「オートフェイズコントロール プラス」と「バーチャルワイドスピーカー」の概要。全自動になったフェイズコントロールは、LFEの極性と遅延時間を複数回測定し、最も効果的な補正を行う

 バーチャルワイドスピーカーは、フロントとサラウンドの間の音を補完する独自の音場機能。従来の「バーチャルサラウンドバック&ハイト」にバーチャルワイドをプラスすることで、実際には5.2chのスピーカーシステムで最大11.2chの仮想音場を楽しめる。また、Blu-ray 3Dなどの視聴時には「バーチャルデプス」奥行き感をプラス。これまでは上位モデルにしか採用されていなかった技術が10万円以下のAVアンプでも楽しめるようになった。

 このほか、iOS向けアプリ「Air Jam」対応(別売のBluetoothアダプター、AS-BT200が必要)、同社製BDプレーヤーとHDMI接続時にジッターを抑える「PQLSビットストリーム」、圧縮音声の再生時に効果的な「オートサウンドレトリバー」などを備えている。

 そのほかの主な仕様は下表の通り。なおパイオニアでは、VSA-822と既に販売している5.1chスピーカーシステム「S-HS100」を組み合わせ、セット商品「Smart Theater S800A」として展開する予定。

ts_paivsa016.jpgts_paivsa017.jpgts_paivsa018.jpg VSA-922の内部(左)。VSA-822とS-HS100をセットにした「Smart Theater S800A」(中、右)

ts_paivsa013.jpgts_paivsa012.jpg

ts_paivsa015.jpgts_paivsa014.jpg VSA-922(左)とVSA-822(右)

型番 VSA-922 VSA-822
実用最大出力 180ワット×7 160ワット×5
HDMI 6入力/1出力
映像入力 コンポジット×3、コンポーネント×1 コンポジット×2
音声入力 同軸デジタル×1、光デジタル×1、アナログ音声×1(+AV入力3系統)
マルチゾーン対応 なし
外形寸法 435(幅)×362.5(奥行き)×168(高さ)ミリ 435(幅)×342.5(奥行き)×168(高さ)ミリ
重量 9.8キログラム 8.9キログラム
消費電力 550ワット 450ワット
待機時消費電力 0.2ワット(※) 0.4ワット(※)
※コントロール機能オフ時

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう