ニュース
» 2012年04月27日 18時24分 UPDATE

パナソニック、145インチのスーパーハイビジョン用プラズマパネルを開発

パナソニックはスーパーハイビジョン用の145インチPDPを開発した。自発光かつ直視型のスーパーハイビジョン用ディスプレイの開発は世界初(同社)だ。

[ITmedia]

 パナソニックは4月27日、スーパーハイビジョン用の145インチプラズマディスプレイパネルを開発したと発表した。自発光かつ直視型のスーパーハイビジョン用ディスプレイの開発は世界初(同社)。

photo 145インチのスーパーハイビジョン用プラズマパネルを前に。パナソニックAVCネットワークス社 上席副社長 伊藤好生氏(左)とNHK 理事技師長 久保田啓一氏(右)

 同社と日本放送協会(NHK)が共同開発したもので、画面サイズは145インチ(約3.2×1.8メートル)、画素数は7680×4320ピクセル。画素ピッチは横0.417ミリ、縦0.417ミリとなる。

 プラズマディスプレイは動画追従性が高く、大型化が容易といったメリットを持つが、一方で走査線数が上昇すると画面にちらつきが現れやすくなるという課題があった。同社は垂直方向の複数画素を同時に走査表示させる新た駆動方式を開発し、スーパーハイビジョンの表示に適したプラズマディスプレイを実現した。

 開発されたディスプレイは5月24日から行われるNHK放送技術研究所一般公開にて展示されるほか、成果は6月に米国で開催される「The SID International Symposium」にて報告される予定となっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.