ニュース
» 2012年05月09日 21時39分 UPDATE

3万3000円:パイオニア、スピーカーエッジに特殊フィルムを採用したハイエンドヘッドフォン「SE-MJ591」

パイオニアは、高内部損失の特殊フィルムをスピーカーユニットのエッジ部に採用し、ひずみの少ない中低域再生を実現したというハイエンドヘッドフォン「SE-MJ591」を発売する。

[ITmedia]

 パイオニアは、特殊フィルムをスピーカーユニットのエッジ部に採用したハイエンドヘッドフォン「SE-MJ591」を、6月中旬より発売する。希望小売価格は3万3000円。

Photo ハイエンドヘッドフォン「SE-MJ591」

 SE-MJ591は、高内部損失の特殊フィルムをスピーカーユニットのエッジ部に採用することで、ひずみの少ない中低域再生を実現。キャップ部には厚さ35ミクロンのアルミ合金製キャップを採用し、クリアな高域再生を可能にしたという。

ts_paihiend01.jpg

 スピーカーユニットは40ミリ口径で、イヤーパッドとヘッドバンドクッションには肌さわりの良さと高い遮音性を両立するレザータイプ素材を使用。ヘッドバンド部は高耐久性のステンレス素材、ハンガー部は高耐久性の構造を採用している。

 コードは着脱式の片出し仕様で、素材は絡みにくいTPE(熱可塑性エラストマー)材。折りたたみ機構や左右の判別が容易なカラードヒンジ仕様でユーザビリティーの向上を図った。レザータッチキャリングケースも付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう