ニュース
» 2012年05月11日 12時17分 UPDATE

オンキヨー、シアタースピーカーの新シリーズ「D-109」

オンキヨーは、ホームシアター用のスピーカーシステムの新シリーズ「D-109シリーズ」3機種と、アンプ内蔵のサブウーファー2機種を発売する。

[ITmedia]

 オンキヨーは5月10日、シアタースピーカーの新モデル「D-109シリーズ」3機種と、サブウーファーシステム2機種を発表した。D-109シリーズは7月上旬発売予定で、価格はトールボーイタイプのフロントスピーカー「D-109E」が4万7250円(2台1組)、センタースピーカーの「D-109C」が1万4700円(1台)、サラウンドスピーカーの「D-109M」が1万500円(1台)。サブウーファーの2機種は6月中旬発売予定で、価格は「SL-A251」が3万5700円(1台)、「SL-D501」が5万8800円(1台)となっている。

Photo ホームシアター用スピーカーシステムの新シリーズ「D-109シリーズ」3機種と、サブウーファーの「SL-A251」

 D-109シリーズは単品シアタースピーカーで、上位機種にあたる「D-309シリーズ」の技術を凝縮して搭載した製品だ。3機種とも2Wayバスレフ型で、ウーファーにはD-309シリーズと同様の自社開発によるN-OMFコーンを採用。これにより量感豊かな低音再生を可能にするとともに、中央部に装備した砲弾型イコライザーが周波数特性の乱れを防ぐことで、中低音のクリアさも向上させているという。ウーファーは3機種とも8センチのユニットで、D-109Eには2個、D-109CとD-109Mには1個ずつを搭載する。またツイーターはいずれも2センチのバランスドーム型を1個搭載する。ターミナルはD-109Eはバナナプラグ対応の金メッキ真鍮(しんちゅう)削り出しネジ式、他2機種はプッシュ式となる。

 サブウーファーシステムの2機種は、いずれも20センチ径のA-OMFコーンを搭載するアンプ内蔵のアクティブサブウーファー。バスレフダクト部には、スリット型ダクトによるアドバンスドAERO ACOUSTIC DRIVE技術を採用し、クリアな低音を実現する。上位機種のSL-D501では、パワーアンプ回路に独自のデジタルアンプ技術VL Digitalを採用し、デジタル機器固有のパルス性ノイズの影響を大幅に低減している。

 最大出力はSL-A251が75ワット、SL-D501が100ワット。SL-D501には、ピアノ仕上げとリアルウッド仕上げの2タイプが用意される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.