ニュース
» 2012年05月15日 21時29分 UPDATE

NHK、地上波によるスーパーハイビジョンの野外伝送実験に成功

NHKは、大容量コンテンツの地上波による放送サービス実現に向け、従来より伝送容量を拡大した地上伝送技術を開発。これにより、世界で初めて地上波によるスーパーハイビジョンの野外伝送実験に成功した。

[ITmedia]

 NHKは、大容量コンテンツであるスーパーハイビジョンの地上波による野外伝送実験に成功したと発表した。

 今回開発した地上伝送技術は、従来よりもさらに伝送容量を拡大したもの。超多値OFDM((Orthogonal Frequency Division Multiplexing:直交周波数分割多重)技術と偏波MIMO(Multiple-Input Multiple-Output)技術に加え、2つのチャンネルを用いて信号を伝送するバルク伝送技術を採用。伝送パラメーターの最適化により、伝送容量を拡大した。さらに受信性能の改善に向けて、誤り訂正符号に高度BSデジタル放送方式で規定しているLDPC符号を取り入れている。

 実験ではUHF帯の2つのチャンネルを使い、技研屋上から圧縮符号化したSHV映像信号を送信。約4.2キロ離れた地点において受信し、誤りのない映像の復元が確認できたという。

 なお、この技術は5月24日から27日までNHK放送技術研究所が開催する「技研公開」にて一般公開する予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう