ニュース
» 2012年05月16日 21時28分 UPDATE

レンダラー機能も搭載:パイオニア、ネットワーク機能充実の低価格BDプレーヤー「BDP-150」など2製品

パイオニアがBlu-ray Discプレーヤーの新製品2機種を発売。多様なフォーマット再生に対応した「BDP-150」と、省スペースデザインの「BDP-3110-K/W」だ。

[ITmedia]

 パイオニアは、Blu-ray Discプレーヤーの新製品「BDP-150」および「BDP-3110-K/W」を6月上旬から順次発売する。価格はすべてオープン。店頭ではネットワーク機能を備えた上位モデルBDP-150が2万円前後、BDP-3110は1万7000円前後になる見込み。

Photo BDプレーヤー「BDP-150」

 BDP-150は、Blu-ray 3Dを含むBD/DVDのパッケージビデオをはじめ、デジタル放送を録画したBD-R/REやDVD-R(CPRM対応)、さらにSACDの再生も可能なユニバーサルプレーヤー。DLNA 1.5に準拠し、PCなどに保存した動画や静止画、音楽ファイルなどを再生できるネットワークプレーヤーでもある。

 専用アプリ「iControlAV 2012」や「Control App」をiPhoneやAndroid端末にインストールすれば、同一ネットワーク内にあるBDP-150の基本操作が可能。また、DLNAのレンダラー機能(DMR)を搭載し、スマートフォン(要DMC)で撮影した動画などを伝送してテレビ画面に映し出すことができる。ただし、DTCP-IPには対応しておらず、デジタル放送の録画番組など著作権保護されたコンテンツのネットワーク再生はできない。

 このほか、USBメモリーなどに保存した各種ファイル再生にも対応。再生可能ファイルは、JPEG、MP3、WMA、 WMV、FLAC、MKV、 DivX Plus HD。なお、同社のAVアンプとHDMIケーブルで接続すると、AVアンプ搭載の高画質再生機能「ストリームスムーサー」や高音質再生機能「サウンドレトリバー」が自動的に働く連携機能も備えている。

 サイズは435(幅)×58(高さ)×250(奥行き)ミリで、重量は2.1キロ。

PhotoPhoto ブラックの「BDP-3110-K」(左)とホワイトの「BDP-3110-W」(右)

 一方の「BDP-3110」は、コンパクトなエントリーBDプレーヤー。Blu-ray 3DやSACDの再生には対応せず、ネットワーク機能も持たないが、USBメモリーなどに保存したファイル再生はサポート。対応ファイルは、DivX Plus HD、MKV、FLAC、MP3、JPEGなど。

 サイズは360(幅)×39(高さ)×208(奥行き)ミリで、重量は1.3キロ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう