ニュース
» 2012年05月16日 22時06分 UPDATE

アイ・オーの「RECBOX」、CATVのネットワーク録画と「スカパー!ダビング」に対応

アイ・オー・データ機器のハイビジョンレコーディングHDD「RECBOX」が、ケーブルテレビコンテンツのネットワーク録画と「スカパー!ダビング」に対応。

[ITmedia]
ts_recbox01.jpg 最新モデルの「HVL-AVS2.0」

 アイ・オー・データ機器は5月16日、ハイビジョンレコーディングHDD「RECBOX」の「HVL-AVシリーズ」が、ケーブルテレビコンテンツのネットワーク録画と「スカパー!ダビング」に対応したと発表した。

 今回対応となったのは、日本ケーブルラボの定めるDLNA技術を用いたCATV録画再生運用仕様「JLabs SPEC-020」で、規格対応のセットトップボックスからネットワーク経由で接続すると、番組のハイビジョン録画が行える。動作確認機器は、5月16日現在でパイオニア製の「BD-V371」「BD-V371L」「BD-V301」。また、録画番組をBDレコーダーにムーブアウトし、BDメディアへの書き込みも行える。

 さらに、パナソニック製のスカパー!ブランドDVR「TZ-WR320P」「TZ-WR325P」および、スカパー!ブランドチューナー「TZ-HR400P」に接続した外付けHDD内の録画番組を、RECBOXへダビングすることも可能になった。

 なお、いずれもver.1.52以降となる最新ファームウェアが必要だ。

ts_iodata02.jpg スカパー!ダビングの概要

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.