ニュース
» 2012年05月21日 19時33分 UPDATE

スカパー!JSAT、B-CASカードの改ざん「看過できぬ」

スカパー!JSATとWOWOWは、B-CASカードのデータを改ざんして有料放送を不正に視聴する方法がネットで出回ったとする報道に対し、「厳正な対応をしていく」というコメントを発表した。

[ITmedia]
ts_bcas.jpg

 スカパー!JSATは5月21日、B-CASカードのデータを改ざんして有料放送を不正に視聴する方法がネットで出回ったとする報道に対し、「厳正な対応をしていく」というコメントを発表した。BSで有料放送を展開しているWOWOWも同様の報道発表を行っている。

 スカパー!JSATは、「現在、インターネット上の掲示板などにおいて、有料放送の不正視聴につながるB-CASカードの改ざん方法や改ざん行為の報告が継続的に投稿されていることは認識している」としたうえで、一連の行為は「有料多チャンネル放送全体の健全な普及拡大に大きな影響を与えかねず、看過できない」(同社)。B-CASカードの所有権者であるビーエス・コンディショナルアクセスシステムズからも報告を受け、技術的な対応を含む“厳正な対応”を要請した。

 有料放送サービス「スカパー!e2」の不正視聴行為に対しては、「損害賠償請求を含めた法的措置を検討している」(同社)。またWOWOWも同様に、不正視聴行為については法的措置を検討していくとコメントしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.