ニュース
» 2012年05月24日 18時29分 UPDATE

ハンファ、Androidアプリも使えるメディアプレーヤー「Xtreamer Prodigy」

ハンファ・ジャパンは、メディアプレーヤーの新製品として、無線LAN搭載の「Xtreamer Prodigy」およびエントリーモデル「Xtreamer Elvira」を発売する。

[ITmedia]

 ハンファ・ジャパンは、無線LAN搭載のメディアプレーヤー「Xtreamer Prodigy」および簡易型メディアプレーヤーのエントリーモデル「Xtreamer Elvira」を同社直販サイト限定で5月24日より発売する。

Photo 無線LAN搭載のメディアプレーヤー「Xtreamer Prodigy」

 Xtreamer Prodigyは、ギガビット対応の有線LANポートやIEEE 802.11b/g/nの無線LANを備えたメディアプレーヤーだ。HDDは内蔵していないが、着脱が容易なトレイ方式により別売の3.5インチHDDを搭載できる。

 H.264ハードウェアデコード対応に加え、3Dコンテンツの再生やAndroid 2.2で動作するアプリをインストールすることも可能(.apkファイルが必要)。CPUはRTD 1186(750MHz)で、メモリは512Mバイト。インタフェースは、本体前面にSD/MMCカードスロットとHDDトレイ、背面に有線LAN、USB2.0×2、USB3.0スレーブ端子、コンポーネント端子、デジタルオーディオ(光、同軸)端子、HDMI1.4a端子、コンポジットビデオ端子を装備している。そのほか、ファンレス設計、MKVコンテナ対応、マルチトラック音声および字幕データ再生対応なども特長だ。

 本体サイズは238(幅)×207(高さ)×64(奥行き)ミリで、重量は約2.5キロ。同社直販サイトでの価格は1万5900円となっている。

Photo 簡易型メディアプレーヤーのエントリーモデル「Xtreamer Elvira」

 Xtreamer Elviraは、ストレージをUSBホスト接続の外付けデバイスに限定し、大幅なサイズダウンを実現した簡易型メディアプレーヤーのエントリーモデル。ネットワーク機能などを省くことで、簡単操作と低価格化を両立したという。H.264形式のハードウェアデコードに対応するほか、動画再生時のレジューム機能や時短再生機能を備えている。

 インタフェースは、側面にUSB2.0×2、背面にはデジタルオーディオ端子、HDMI端子、コンポジットビデオ端子を装備。サイズは135(幅)×105(高さ)×43(奥行き)ミリで、重量は約155グラム。同社直販サイトでの価格は4980円だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう