ニュース
» 2012年05月30日 22時24分 UPDATE

パナソニック、音にこだわったiPod対応CDステレオシステム「SC-PMX5」

パナソニックから、iPod/iPhoneをダイレクト接続できるCDステレオシステム「SC-PMX5」が登場。実用最大出力は120ワット(60ワット+60ワット)で、ジッターを抑制する「低歪みフルデジタルPWMアンプ」も搭載。

[ITmedia]
Photo CDステレオシステム「SC-PMX5」

 パナソニックは、iPod/iPhoneをダイレクト接続できるCDステレオシステム「SC-PMX5」を6月14日に発売する。オープンプライスで、実売予想価格は4万円前後。

 本体天面にiPodドックを備えたコンパクトなオーディオシステム。CDやiPodのほか、FM/AMチューナー、USBメモリ内に保存した音楽ファイルの再生など多彩なソースに対応する。制振キャビネット構造に加え、ジッターを徹底的に抑えた「低歪みフルデジタルPWMアンプ」を搭載した。竹アンプ部の実用最大出力は120ワット(60ワット+60ワット)。スピーカーは、炭偏肉PPコーンを採用した14センチウーファー搭載の3Wayだ。ターミナル式スピーカー端子を採用しているため、スピーカーケーブルのアップグレードも可能。

ts_panacd01.jpg 制振キャビネット構造

 このほか、好みの音質を楽しめるプリセットイコライザー(ヘビー/ソフト/クリア/ボーカル/フラット)、おやすみ/おめざめタイマー、電源の切り忘れを防ぐ「オートオフ機能」なども搭載。

 サイズは、センターユニットが210(幅)×120(高さ)×266(奥行き)ミリで、重量は約3.0キロ。スピーカーは161(幅)×238(高さ)×262(奥行き)ミリで、重量は約2.6キロだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう