ニュース
» 2012年06月06日 22時12分 UPDATE

アイ・オー、カセット型HDD「iVDR-S」に対応したB5サイズのプレーヤー

アイ・オー・データ機器は、カセット型HDD「iVDR-S」に対応するハードディスクプレーヤー「IV-P1」を7月中旬に発売する。

[ITmedia]
Photo 「IV-P1」。持ち運んで使うことを考慮し、本体をコンパクトなB5サイズに収めた

 アイ・オー・データ機器は6月6日、コンパクトなB5サイズのハードディスクプレーヤー「IV-P1」を発表した。出荷開始は7月中旬の予定で、価格は1万5700円。

 カセット型HDD「iVDR-S」に対応。日立のテレビ“Woooo”シリーズや日立マクセルのiVDRレコーダーで録画したカセットHDDを再生できる。著作権保護技術「SAFIA」により、B-CASカードなしでもデジタル放送のハイビジョン再生が可能だ。字幕表示や多言語音声にも対応する。

 出力端子はHDMI、コンポジット、アナログ音声。操作は付属のリモコンで行なえるほか、HDMIリンク(CEC)にも対応しているため、対応テレビのリモコンでも操作を行なえる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.